| ログイン | よくある質問 | お問合せ | What's New | 会社概要 |
トップ > 真剣!メール恋愛塾 > 第6回「メールの書き方の注意点」

真剣!メール恋愛塾 第6回「メールの書き方の注意点」

第6回
「メールの書き方の注意点」


お気に入りの女性の写真とプロフィールが見つかり、「この子にメールしてみようかな」と決心したあなた。
そのとき、あなたはどんな内容のメールを送りますか?
あなたがいいなと思った女性は、きっとかわいくてやさしそうな雰囲気の方なのでしょう。
そんな女性には、男性からのアプローチメールが集中します。
たくさんのメールの中で、彼女から「この人、ステキそうだから返信してみようかしら」と思われるためにはどういった内容のメールを送ればいいのでしょうか。
今回は好かれるメール、嫌われるメールについてお話ししたいと思います。

メールの書き方の注意点 まず、嫌われるメールから。
女性のメールボックスには、一度に何十通ものあふれんばかりのメールが届いています。中には百通を超える女性も実際に存在するそうです。
それでも女性たちは「どんな男性から来ているかしら?」と一通りのメールに目は通しているようです。
しかし、女性たちは男性よりも選ぶ基準がシビアーですから、以下のようなメールは即刻削除!するとのこと。あなたはこんなメールを送っていませんか?

・自己紹介もままならず、「今晩会える?」とか「土曜日あいてる?」などと
 突然言ってくる
・明らかにコピペメールとわかるありきたりの短い内容
・まだ会ってもいないのにタメ口口調
・自分の会社の愚痴や人間関係に関する悩みなどをだらだらと書いてくる
・ルックスは福山似で年収は2000万など、やたらと条件的なことを強調してくる
・初めてのメールなのに女性のスリーサイズを聞いてくる

メールから始まる恋は、瞬間的に燃え上がるものではありません。
お互いにお互いの気持ちを尊重しながら、徐々に相手のことを知っていき、気があったら実際に会い、そこから恋がスタートしていくもの。
ですから、ターゲットが見つかったからと言って焦りまくる気持ちは捨てて、まずはお相手に気に入られるメールを送信することから心がけましょう。
女性が思わず返信したくなるようなメールとは以下のようなものです。

・最初にしっかりと自己紹介が書いてある
・女性のプロフィール事項(趣味や一言欄)に対して必ず質問が入っている
・自分の仕事に対する意気込みなどが書かれている
・自分の趣味に対しての楽しいようすなどが書かれている
・女性の趣味と共通することが詳しく書かれている
・「まずはメールで仲良くなれたらいいですね」と、会うことを強調しない

メールの書き方の注意点 ただし、このようなメールを何度送ってもメール交換まで行き着かない・・・ということでしたら、女性の外見と年齢にこだわらず、あなたとフィーリングが合いそうだな~と思えるような女性にメールしてみましょう。あなたとフィーリングが合う女性は必ず存在します。
そして、まったく返事が来ない相手よりも、打てば響く相手とメール交換をしていると、なんとなく毎日の仕事にも張りが出てくるものです。自分に合ったお相手探しは、恋の勝利者への近道です。
誠実なメール内容を心がけ、あなたに合った相手へとターゲットを絞り、女性とメール交換する楽しさを味わってくださいね。


井戸端会議
A子 「私のところには五十通近くのメールが来たけど、メールってオトコの人の性格が出るわよね~」
B子 「性格が?どんなふうに?」
A子 「自意識過剰なヒトは自分の自慢話ばかり書いてくるし、せっかちなヒトは『いつ会える?いつがヒマ?』って。まだお互いによく知らないのに会おうなんて気にはなれないわよ」
B子 「そうね、メールだと気軽に女性に会えると勘違いしている男性ってけっこう多いわよね」
A子 「真剣にお付き合いしていきたいと願っているのは男性も女性も同じ。そのためには、私の話を聞き入れてくれる余裕のあるメールをくれる人がいい」
B子 「メール交換をしながらお互いのことがわかってくるってことあるものね。私も焦らずじっくり探してみようっと」




ライター紹介
大安ケイコ
1968年生まれ
旅行業、外資系企業を経てフリーランスライターに。 数々のイタイ恋愛経験を積み重ねた結果、どうしたら幸せな結婚が 出来るかを独自で研究し、「出会いのバイブル」を出版。 現在は、夫と娘の三人で楽しく暮らす日々。

HP『大安吉日のハッピーマリッジ予備校』
http://www.2525kekkon.com/
HP『大安ケイコのハッピーマリッジ』
http://plaza.rakuten.co.jp/taiankeiko
吉日ヒロコ
1973年生まれ
農業専門誌記者を経てフリーランスライターに。 結婚相談所、お見合い、カップリングパーティー、 婚活サイトなど、様々な出会い産業を取材。 坐右の銘は「愛し愛されて生きるのさ」by小沢健二。


HP『大安吉日のハッピーマリッジ予備校』
http://www.2525kekkon.com/
HP『吉日ヒロコの出会い道場』
http://plaza.rakuten.co.jp/kitijituhiroko/





マイウエディング ~ 和装 前撮り フォトウエディング (東京/関西)

新規無料会員登録
新規無料会員登録
会員メニュー
ログイン名:

パスワード:

パスワード回復
退会する
スタッフブログ
モバイルサイト 携帯からも無料でご利用いただけます

acchan.comご意見箱

【 ブックマークに登録 】
Yahoo!ブックマークに登録  はてなブックマークに追加 
社長日記


よくある質問お問合せ会社概要利用規約特定商品取引法プライバシーポリシーサイトマップリンク広告主募集中出会える5サイト
SSLで保護されています 当サイトは、高水準のCOMODO社のSSL証明を使い、
お客様の情報はSSLにより保護されています。
第三者に情報が漏洩することはございません。
インターネット異性紹介事業届
受理番号 30090318000
電気通信事業届
A-22-11142
Copyright (c) 1996-2017 ACHN Inc. All rights reserved, since 1996/5/3