| ログイン | よくある質問 | お問合せ | What's New | 会社概要 |
トップ > 真剣!メール恋愛塾 > 第20回「メル友から恋人へ」

真剣!メール恋愛塾 第20回「メル友から恋人へ」

第20回
「メル友から恋人へ」


【女性は告白を待っている】
オンラインで知り合ったユリカさんと、1ヶ月前に初デートをしたあなた。デートの後はお礼メールを出し、週の初めに週末のデートに誘うよう心がけていたら、ユリカさんは4週続けて誘いに応じてくれました。最初の頃はお互いに緊張していた2人ですが、今では一緒にいるととてもリラックスできます。
第一印象では「ちょっと好みとはズレてるかも?」と思っていたあなたも、「ユリカさんとこの先もずっと会いたいな」という気持ちを抱くようになりました。

こんな状況を迎えたとき、あなたならどうするでしょうか? ちゃんと「付き合ってください」と言いますか? それとも、告白はせずに、なあなあ的に恋人になろうとするでしょうか?
もし、あなたが告白せずに関係を進めようと思っているなら、少し考えを改めましょう。男性は、「デートに来てくれるのは、相手も気があるから」と思い込んで、定期的に会ってくれる女性と“付き合っているつもり”になりがちです。でも、女性の方は、「誘われるから来ただけ」という場合も多いのです。

メル友から恋人へ それに、ほとんどの女性は、交際を始めるときは、ちゃんと告白して欲しいと思っています。そんな女性の気持ちに、勇気を持って応えてあげてください。
もちろん、きちんと交際を申し込めば、フラれる可能性だってあります。でも、告白せずに会い続けても、交際に発展する可能性が高まるわけではありません。むしろ、知り合って何ヶ月も経つのに、何も言ってこない男性に対して、女性は「私のことをどう考えているのかしら?」と不信感を持つようになるでしょう。リスクを承知で告白してくれる男性に、女性は好感を抱くのです。

【意中の人ができたらサイトは卒業する】
メル友から恋人へ 告白の時期は、3回以上デートをしてみて、彼女も楽しそうな様子なのを確かめてからが理想的です。あまり急ぐと、女性は警戒します。とはいえ、遅すぎても「ハッキリしない人」と思われてしまいますので、5回目のデート以内で気持ちを示すのが良いでしょう。

告白の内容はシンプルなもので十分。「僕はユリカさんとこれからもずっと会いたいと思っています。よかったら、僕と付き合ってください」という短い言葉を伝えるだけで、女性は安心して交際を始めることができるのです。

また、一人の人とデートをするようになったら、サイトへのログインはお休みしましょう。女性は、あなたがサイトを使っているかどうか、必ずチェックしています。そして、ログインしているのがわかれば、「別の女性を探している」と思って傷つきます。余計な誤解を防ぐためにも、デートをする相手が現れたら、休会するのがマナーといえます。 そして、交際がスタートしたら、サイトは卒業です。会員登録も抹消してください。自分と付き合っているのに、あなたがサイトを利用しているのを知ったら、彼女は別れを切り出してくるかもしれません。「浮気するつもりなんかないよ。ただ、ヒマだったから覗いてみただけ」なんて言い訳は、女性には通用しないのです。

何万人もいるサイト利用者の中から、たくさんの偶然を経て出会った2人。そのご縁を育てていけるかどうかは、あなたの誠意と愛情にかかっています。サイトを卒業することは、彼女への思いやりの一つでもあるのです。


井戸端会議
A子 「私、『acchan.com恋愛お見合い』で知り合った彼と、付き合うことになったの。この間、4回目のデートで告白されちゃった」
B子 「おめでとう! その彼、ちゃんと告白してくれたんだ。そういうのって嬉しいよね」
A子 「うん。本当はまだ迷っていたんだけど、『付き合ってください』って真剣に言ってくれたのが嬉しくってOKしちゃった。それとね、実は私、彼のサイトへのログイン状況をチェックしていたの。そうしたら彼、私と会うようになってから全然ログインしてなかった。そういうところも信頼できるって思った」
B子 「誠実そうな人でよかったね。このままうまくいくといいわね!」
A子 「ありがとう。まだ付き合い始めたばかりだから、慎重に関係を進めていくことにするわ。これからも応援してね!」




ライター紹介
大安ケイコ
1968年生まれ
旅行業、外資系企業を経てフリーランスライターに。 数々のイタイ恋愛経験を積み重ねた結果、どうしたら幸せな結婚が 出来るかを独自で研究し、「出会いのバイブル」を出版。 現在は、夫と娘の三人で楽しく暮らす日々。

HP『大安吉日のハッピーマリッジ予備校』
http://www.2525kekkon.com/
HP『大安ケイコのハッピーマリッジ』
http://plaza.rakuten.co.jp/taiankeiko
吉日ヒロコ
1973年生まれ
農業専門誌記者を経てフリーランスライターに。 結婚相談所、お見合い、カップリングパーティー、 婚活サイトなど、様々な出会い産業を取材。 坐右の銘は「愛し愛されて生きるのさ」by小沢健二。


HP『大安吉日のハッピーマリッジ予備校』
http://www.2525kekkon.com/
HP『吉日ヒロコの出会い道場』
http://plaza.rakuten.co.jp/kitijituhiroko/





マイウエディング ~ ロケーション フォトウエディング 和装あり (東京/関西)

新規無料会員登録
新規無料会員登録
会員メニュー
ログイン名:

パスワード:

パスワード回復
退会する
スタッフブログ
モバイルサイト 携帯からも無料でご利用いただけます

acchan.comご意見箱

【 ブックマークに登録 】
Yahoo!ブックマークに登録  はてなブックマークに追加 
社長日記


よくある質問お問合せ会社概要利用規約特定商品取引法プライバシーポリシーサイトマップリンク広告主募集中出会える5サイト
SSLで保護されています 当サイトは、高水準のCOMODO社のSSL証明を使い、
お客様の情報はSSLにより保護されています。
第三者に情報が漏洩することはございません。
インターネット異性紹介事業届
受理番号 30090318000
電気通信事業届
A-22-11142
Copyright (c) 1996-2017 ACHN Inc. All rights reserved, since 1996/5/3