| ログイン | よくある質問 | お問合せ | What's New | 会社概要 |
トップ > 真剣!メール恋愛塾 > 第14回「初デートに誘うタイミング」

真剣!メール恋愛塾 第14回「初デートに誘うタイミング」

第14回
「初デートに誘うタイミング」


定期的にメール交換をする相手が現れたとき、あなたはどのくらいの期間を置いて、初デートに誘いますか?
「相手だって出会いを求めてるんだから、すぐに誘うに決まってるじゃん」というあなた。ちょっと待った! 最初のメールを送って1週間や10日では、まだ女性はあなたに対する警戒心を解いてはいません。自己紹介もそこそこにデートに誘ってきたあなたのことを、インターネットサイトによくいるナンパ師だと認定して、マジメな恋人候補から即行で削除してしまうでしょう。

たった1回か2回のメールで、「あさって、渋谷で会いませんか?」と誘ってくる男性に対して、マジメな女性が「わーい。ナツコもホープさんに早く会いたいよー♪ 」なんてノリノリなメールを返してくることは、まずありえません。万が一、そんな返事がきたときは、要注意。喜び勇んで待ち合わせの場所に出かけたら、そこにナツコさんらしい人影はなく、冷たい北風が吹きぬけていることでしょう。
おまけに、「会えないと困るから携帯のメール教えて」と言われて教えた携帯メールに、ひっきりなしにH系のサイトからメールが届くようになる可能性もエベレスト並に高いといえます。

【デートに誘うタイミング】
初デートに誘うタイミング では、デートに誘うのは遅ければ遅いほど良いのでしょうか? 答えは「NO」です。ある程度の期間、メール交換を続けることで、女性があなたへの警戒心を緩めていくのはまちがいありません。でも、その期間があまりに長すぎると、今度は相手の頭の中に別の疑念が浮かび始めてしまうからです。
「この人、自分の話を聞いてほしいだけのヒマ人なのかしら?」
「女性をデートに誘う勇気がない、女々しい人なのかも・・・」
彼女はいつまでたってもデートに誘わないあなたに、次第に不信感を募らせ、返信するのをやめてしまうかもしれません。
早すぎても遅すぎてもダメ。女心って本当に微妙なのです。

初デートに誘うタイミング いったい、女性が警戒しすぎず、待ちくたびれない時期って、いつなのでしょうか? 一つの目安としては、最初のメールからそろそろ1ヵ月というタイミングです。回数でいうと、週に1往復から2往復ペースでメールを交換するとして、5回目~10回目頃を目安にすると良いでしょう。
その間、彼女がこちらからの質問にきちんと答えてくれて、自分の情報を少しずつオープンにしてくれているようなら、準備は万端です。

【誘い方】
誘い方としては、「近いうちにご飯でも」というような遠まわしな言い方はNG。あなたは、「今度、美味しい料理をごちそうしますね」というメールでデートに誘ったつもりでも、女性の方は単なる社交辞令だと受け止めるものです。そのメールをデートの誘いと受け取って、「いつにしますか?」なんて聞いてくれる女性はまずいません。断られるのが怖いからといって、日時を指定しないあいまいな誘いを続けている限り、2人はいつまでたっても会えないのです。
それよりも、「出張のお土産を買ってきたのですが、今度の週末はお時間ありますか?」「来月の連休にお食事に誘いたいのですが、都合はいかがですか?」というような、ストレートな誘い方を心がけましょう。そのときは、1週間程度の余裕を持つことも忘れないようにしてください。前日や前々日にデートに誘われても、忙しい女性たちは「私のことヒマ人だと思ってるの?」と感じ、失礼だととられてしまうことがあるからです。
また、相手の女性が慎重な性格の場合は、「もう少しメール交換を続けてから」という返事が来ることも考えられます。そんなときは、二週間程度置いてもう一度デートに誘いましょう。それでもダメなときは、彼女はメル友と割り切って、恋のお相手は別に探したほうが良いかもしれません。
「その日なら大丈夫です」という返事が来たら、さあ、いよいよデートの準備です!
次回のコラムでは、デートの場所や服装などの注意点について紹介します。お楽しみに。


井戸端会議
A子 「今、メール交換をしている人、最初のメールからもう2ヶ月以上経つのに全然デートに誘ってこないの」
B子 「その人、ただ話し相手が欲しいだけなんじゃない? 早すぎる誘いもイヤだけど、あんまり遅いのもちょっ」
A子 「そうなの。私も出会いが目的だから、あと3回以内に誘ってこなかったらもう返信はしないつもりよ」
B子 「あと、『今度ご飯でも』って言って、日時を指定してこない人も困るよね」
A子 「うん。どうしてちゃんと誘ってくれないんだろう。こっちから『いつにしますか?』ってつっつくのもなんとなくしにくいし」
B子 「焦っていると思われたくなくて、慎重になりすぎているのかも。きちんとしたメールをくれる人なら、私たちも会ってみたいって思うのにね」
A子 「うん。男の人には正々堂々と誘って欲しい。会うことでそれっきりっていうリスクはあるけれど、会わなければその先の進展もないものね」




ライター紹介
大安ケイコ
1968年生まれ
旅行業、外資系企業を経てフリーランスライターに。 数々のイタイ恋愛経験を積み重ねた結果、どうしたら幸せな結婚が 出来るかを独自で研究し、「出会いのバイブル」を出版。 現在は、夫と娘の三人で楽しく暮らす日々。

HP『大安吉日のハッピーマリッジ予備校』
http://www.2525kekkon.com/
HP『大安ケイコのハッピーマリッジ』
http://plaza.rakuten.co.jp/taiankeiko
吉日ヒロコ
1973年生まれ
農業専門誌記者を経てフリーランスライターに。 結婚相談所、お見合い、カップリングパーティー、 婚活サイトなど、様々な出会い産業を取材。 坐右の銘は「愛し愛されて生きるのさ」by小沢健二。


HP『大安吉日のハッピーマリッジ予備校』
http://www.2525kekkon.com/
HP『吉日ヒロコの出会い道場』
http://plaza.rakuten.co.jp/kitijituhiroko/





マイウエディング ~ ロケーション フォトウエディング 和装あり (東京/関西)

新規無料会員登録
新規無料会員登録
会員メニュー
ログイン名:

パスワード:

パスワード回復
退会する
スタッフブログ
モバイルサイト 携帯からも無料でご利用いただけます

acchan.comご意見箱

【 ブックマークに登録 】
Yahoo!ブックマークに登録  はてなブックマークに追加 
社長日記


よくある質問お問合せ会社概要利用規約特定商品取引法プライバシーポリシーサイトマップリンク広告主募集中出会える5サイト
SSLで保護されています 当サイトは、高水準のCOMODO社のSSL証明を使い、
お客様の情報はSSLにより保護されています。
第三者に情報が漏洩することはございません。
インターネット異性紹介事業届
受理番号 30090318000
電気通信事業届
A-22-11142
Copyright (c) 1996-2017 ACHN Inc. All rights reserved, since 1996/5/3