acchan.com恋愛お見合い - 無料の婚活サイト  どなたもログインしてません  

いっしょん日記

難病持ちでひきこもり たまーに頭おかしくなる不眠症なおっさんの日記(;´∀`)  猫大好き

▼    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ...
2018-12-11

逝去

カテゴリー: 日記
本日父が亡くなりました。

昨日ホスピスに転院したばかりで
昨日の時点では元気だったんだけどね。
でも人が亡くなる時ってそういうもんだともいうし
ホスピスに移ったら早いともいうらしい。

俺と親父の名前はひっくり返された名前で
性格も真逆だったりするので
俺の生まれた日 に死ぬのもなんとなくわかってた話でもあったり
あ 今日が俺の誕生日なのです。
という事は俺が死ぬのは五月二十日かなー(;'∀')

母俺弟とも誰も泣く事もなく
あーだこーだ雑談して過ごした最後のお別れでございました。
母が持っているはずの献体先の連絡先を自宅に忘れ
結局俺がスマホで探して連絡つけたりと
ひと悶着あったりもしましたが(;'∀')
なんとか無事遺体は大学病院に搬送されていきました。
戻るのは最高三年もしくはそれ以上だそーです。
その間は遺髪か遺爪なんだって
でさっき髪か爪と一緒に家に帰ってやっと落ち着いたとこ。

献体してるんで葬儀とかどうなるかはまだ未定だったり
何かしら形だけでもやろうと母は言ってるけど(以前は金がないからやらないと一人でヒステリー起こしてた)
その辺はまた役所とも相談です。うちいろいろ事情ありますので。
そうでなくても献体先で焼くときに供養はしてくれるのでね。

とにかく明日からはいろいろな届けや手続きでバタバタしそうです。
今日でもたいがいバタバタしてるんだけどね(;'∀')
誕生日くらいゆっくりさせてほしかったわー。

まあ、父の死に顔は穏やかで
苦しまずに眠るように死んだんだってのは分かる死に顔で
そこは良かったと言ってもいいんじゃないかな。
2018-11-10

のまれる

カテゴリー: 日記
俺は極度の不眠症で心療内科で眠りの薬を出してもらっています。
最近は朝起きないといけない場合が多いので薬飲まずで
一睡もせずか寝ても1~2時間なんて事もしょっちゅうなんですが

一昨日

母と言い合いした後鬱々モードになり薬を飲んで思考を強制シャットダウン
その後も目が覚めるたびに薬を飲みなおし(良い子はマネしないでね)
おそらく一日で三日分ほど薬を飲んでいて

たくさん寝たし自分なりに整理もついたので母と和解もし
さて後はもう一度今夜の分寝るだけとなったけど昼間たくさん寝てた訳だから眠れない

よーし追加でもう一服だーって薬飲んで気持ちよく眠ったのが悪かった。

目が覚めたら体がめっちゃしんどい眠い。
少し起きても起きていられない。
とにかく軽くでもごはんだけは食べようと食べた後ばたんきゅー

二時間おきくらいに目は覚めるものの
やっぱり起きられない 体がいう事きかない

いつもだったらそばにいても嬉しいだけのにゃんこも
そばにくるのがうっとおしい
追い払うつもりで一階まで誘導してるときに
母に調子悪いん?と聞かれてうんと落ち着いて答えたけど
こけないように気を付けなさいよと善意で言ってるのに
うるさいこけて死んでもどうでもよかろが
と自分の人格まで変わってるのに自分で気が付いてるけどどうしようもない(*´Д`)

この辺記憶はちゃんとあるんで
それから数時間してもう一度起きてなんとか薬抜けたかなってとこで
起きだして母に謝ったら普通に許してはくれた。

おっそろしいのは夜になってるのに朝軽く食べただけでもお腹が全く空いてないとこ
この辺人によっても違うのかもしれないけど
本当に全然食欲がない。

ダイエットに最適だねー(´▽`*)
じゃなくて普通にやべーよ
とにかく食事は取ってその後はなんとか普通に起きていられた。

寝て起きてを繰り返してたときは
鬱々モードというよりは自暴自棄モードで
とにかくどんな事も全て煩わしくてしょうがないってなってた
おそらく食べるって事もその一つ
何もかもがどーでもいいってなってるのよね。
トイレだけは律儀に行ってたし、最低限の水分は取っていたけど。

気になって体重計ったら 
数日前 夏に頑張って落とした分におつりがついてきた(*´Д`)ほど増えてた体重が
夏に落とした体重分まで減っていた。
おそるべし心療内科の薬((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ストレス溜まっててもあんまり無茶はせんよーにしとこ(;'∀')
自分自身はどうなってもいいは根底にあるのはどうしようもないんだけど
今はまだやるべき事がたくさんあって
どうせやるなら明るく元気にやりたいよねってのがある。
泣いてもわめいても現実が変わる訳じゃないもの。
だったら自分も周りの人にも笑って厳しい現実ってやつと向き合っていきたいかなってそうは思う。

2018-11-06

帰れない

カテゴリー: 日記
親父入院しました。
昨日も書いたけどこのままホスピスに転院という流れになります。

体調も良いとはいえず
起きてても意識がはっきりしてるんだがしてないんだかな状態なので
とりあえず緩和ケアでコンディションを整えるとの事です。
点滴で痛みや栄養取れれば多少は元気戻るかな。
急変いつあってもおかしくはないのだろうけど。

ホスピスに転院前に親族の面談があるそうで
俺しか行ける人間がいないのでとりあえず行ってみないとです。
何話すんでしょーね。
母も連れて行こうと思えば行けなくもないけど
俺一人でいいなら俺だけでいいとも思う。

今日は病院から一度帰宅して
荷物持ってまた病院へと二往復したので疲れました。
寒いのに一人大汗かきながら歩いてたよ(;'∀')

この入院でおそらくもう家に帰る事は出来ない。
って自覚があって昨夜を家で過ごしたのかどうか
親父に聞いてないので分からないけどというか聞けないけど
この選択が正しいのか間違ってるのか分からないけど
この選択肢しかなかったとしか思えないので。

母がもう少し元気なら違う景色もあったのかなあとかも考えるけど
多分意味ないんだよね。

感傷的に考えるなら最後まで家でとかなるかもだけど
合理的に考えればもう体が全くいう事をきかない状態なら
病院なり施設にいる方が絶対楽だし
家族への負担も少ない
俺が親父の立場だったら 迷わず入院を選ぶんだけど

それでも親父には親父の想いがあるんだろうなとも思う。
どうにもしてやることが出来ないのだけど。

どうにもならない流れの中で
嘆いたり悲しんだりに意味はないって俺は嫌というほど思い知らされてるので
この事で悩んだり苦しんだりは俺は一切しないし
冷たすぎるくらいドライに割り切って選択してきたのだけど。

やっぱ考えてはしまうねー。
考えてもどうにもならないし変えられないんだけどね。
ホント意味ないのだけども。

親父が化けて出てくるか地獄で会ったら
この事についての文句や愚痴は聞こうかなあとは思っています(;'∀')
2018-11-05

父帰る

カテゴリー: 日記
親父が帰ってきたんだけど

自力で立てなく歩けなくなっていた(*´Д`)
マジか。
特別病状が悪化したとかそういうんじゃないらしいんだけど
おそらく施設で自力では何もしなくていい生活
をしばらく過ごした結果自力で動けなくなった みたい。
あかんやん。

とはいうものの預かってもらった事自体は大変ありがたい話で
特についてくれてる訪問看護の看護師さんは本当に親身で
感謝しかないのだけれども。

しかーしこの状態でずっと家にいる というのはさすがに厳しい。
母が元気ならまだしもだけど母も要介護なのでねえ。
他の病気だとなかなかそうはいかないんだろーけど
末期がんなのでホスピスに入るという選択肢があるので
もうその道に進むしかないみたい。

明日通院なのでとりあえずかかりつけの病院でいったん入院
ホスピスに転院という流れにしてもらおうとは思っている
病院の都合もあるから必ずしも思惑通りになるとはいかないかもしれないけど
数日程度なら家で看るのも覚悟だねー。

問題は家から病院まで行く のに運び出さないといけないというところ
今日も外から家の中に入るのに施設の職員さん看護師さんが二人で抱え上げて
ちょうど家にいたおかんのヘルパーさんがそこにヘルプに入るって形で大変だったからねー。

明日は介護タクシー頼んではあるので
その運転手さんと俺と二人でなんとかはなるとは思うけど
俺がこういうのには不慣れなのでなんかやらかさないか心配ではある(;'∀')
そうでなくてもバランス感覚や距離感に異常がある病気持ちなので
力自体は全然持てる力はあるんだけどねえ。

まあとにかくやってみないとしゃーないべ
と開き直ってやってはきます。
明日は病院行ったり来たりになりそーで死ぬほど忙しくなりそうだけど(;'∀')
2018-10-31

ステイ

カテゴリー: 日記
父は肺がんで人生の終わりを迎えようとしているのですが

母はそんな父を露骨に邪魔者厄介者扱いしています
お前マジかとツッコミたくなりますが(*´Д`)
母は大マジなのです。
最後なんだから静かに見送ろうとかそういう気持ちは一切ないのです。
うんマジで。

父は今家に居るんですが
もちろん調子は良くなくて
咳もするし、脳にも腫瘍の転移があるため話してる事も明瞭ではなくなり
抗がん剤治療の影響で体力も落ち切ってます。
トイレに自力で(歩行器使用)で行けなくはないけども
ゆっくりだしトイレ自体も近くてたびたびトイレにも行く事になるし
寝てる時はいいけど目が覚めてたらどうしても動いたりで音を立てたりします。

母はそれらがうるさいと
眠れないと
なんで私ばっかりこんな目に遭わないといけないんだと。

知らんがな好きで五十年夫婦やってきてるんだし
現在母の方が要介護度が高い訳で
母だけ違う部屋で寝る という事は不可能なので
うるさくて眠れなくても我慢して同じ部屋で寝ないといけない のだけれども
その我慢が一切できずに親父に怒鳴るわあたるわ
終始機嫌が悪いままで、何かを言ってもすぐヒートアップして周りに喧嘩を売ってくるありさま。

別に俺は母に喧嘩売られたら倍にして言い返すからいいんだけど
弱り切ってる父には今きついだろうし
介護で入ってくれてる人らにあたられてもねーってなる訳です。

わが母ながらホントどうしようもねーなあと(*´Д`)

ある意味自分に正直なだけ ではあるんだけどね。
100人いたら99人そうじゃないとは思うけど
多少綺麗ごとってか世間体っていうか
嘘でももうすぐ死ぬ人には優しくするものだし
周りの人間には自分が嫌な人間だというのは見せたくないから繕うもんだと思うけど。

もっとも俺自身
介護に入ってくれてる人らの善意100%のやさしさを
ありがたいとは思いつつも
多少嘘くさく感じない訳でもないし
母の気持ちが全く分からないかと言われたら実はそんな事もなかったり
俺はそう見えないように繕わなきゃいけないってのはあるのだけど
根っこから父が死ぬ事を悲しいとか寂しいとかは全く思っていない。
父に対して母のように罵倒したりは出来ないし
出来る限りは優しく静かに見送ってやらなあかんとは思っているけど。

で、両親が同じ部屋に寝ていると
母が一人で勝手にイライラして爆発しそうなので(;'∀')
父が自ら施設のショートステイでお泊りをする という方法を取る事になりました
明日つかもう今日の朝からしばらくお泊りです。
全ては母のためにで親父とケアマネさんなどが動いてくれた結果なんだけど
母はそれを全く理解せず
ステイの準備すらなんで私が!とわめきだす始末。
そもそもおめーに準備しろなんか俺は一言も言ってないわ。
自分で勝手に準備始めて一人で不機嫌になって愚痴ってるっていうね。

さすがに心から俺もブチ切れて
そのまま喧嘩になって最終的に謝らせたけども。
ホントいい加減にしてくんないかなとは思う。

まあとにかく親父はおかんにこれ以上怒鳴られることはなく
施設の人や看護師さんなどに優しくはしてもらえるだろうとは思う。
最後くらい家でゆっくり静かにすごしたいってのが本音だとは思うけども。
隣で母がずーっとイライラして怒鳴られてって毎日よりはマシなんじゃないかな。

母は本当にろくでもない人間なのだけども
ちょっとだけフォローすれば
文句言いつつ怒鳴りつつでも
父の世話自体は不自由な体でも母が一人で頑張っていました。



2018-10-28

慣れた

カテゴリー: 日記
スマホ入力にもだいぶ慣れましたー
さすが俺
パソコンにしてもガラケーにしても三日あれば入力そこそこ慣れちゃうんだよねー。
でもスマホ入力は誤爆の心配は常にあるよね(*´Д`)

スマホはあくまでも緊急連絡用の電話として導入したつもり
だったのだけれども
気が付けばラインをはじめゲームやらいろんなアプリやら導入し
あっちゃこっちゃとにかく触ってみてバリバリ使っているという(;'∀')
元が取れていいっちゃいいんだけどねー。

うかつに触るもんだから
ラインで電話かける気のない相手に電話してたり('ω')
慌てて切ったけどさーめっちゃ焦った。
電話してダメって訳でもないのだとは思うけど
相手にも都合があるんだから突拍子のない時間帯にかけちゃダメ(`・ω・´)
それに今はラインで気軽に話してる方が楽しい。
入力の練習にもならないしね。

絵文字顔文字写真の送信スタンプ
と、とにかくやれることはいろいろやってみたー
上手く使いこなせるかはまた話別だけど
とりあえずいろいろ出来るようにはなってきたと思う。

気が付いたらスマホなしではいられなくなってたりしてね(;'∀')
家ではWi-Fi繋いでるからいいんだけど
今はまだ使い始めで通信の容量は最低限(無料期間2ギガ)なので
外でネットとかゲームは難しいかな。
親父の病院の付き添い中に触れたら最高なんだけど
今どきフリーWi-Fiが入っていないっていうねー(*´Д`)
ダメじゃん。
時代の流れでそのうち導入されるとは思うけど今はまだまだみたいね。

明日は親父の病院の付き添い。
日記には書けてないのだけど
親父はもうギブアップ気味。
明日入院からホスピスへの転院へって話になりそうです。
俺はちょっと忙しいかもなー。
まあ頑張ります。

2018-10-25

スマホ

カテゴリー: 日記
ついにゲットしてきましたー(´▽`*)

ずっと取ろうと思ってたマイナンバーカードを
ようやく受け取れる手続きが終わったんで
通院がてら市役所まで受け取りに行って
身分証明書が出来たので(免許証は失効している)

そこから一番近いショップ
が水曜定休でお休みだったので
少しだけ遠くにあるショップまで歩いて行ってみました。

前日一睡もしてなかったんで(;'∀')
やっぱ無理かなあと思ってたけど
意外とノリとテンションでいけた(笑)

帰ってからいろいろ触ってみるけど
ホントこの入力は慣れないねー(*´Д`)
ガラケーの最初の頃も同じように思ってたけど
入力そのものに慣れても入力ミスが多くなりそうなのがいつまでも付きまとう感。
とんでもない誤爆文章とか出来上がりそうで。

数少ない友達に連絡はしたけど
ほとんど反応がなかったり(;'∀')
なんだよーせっかく買ってきたのにーと思ってたけど
夜中にようやく反応があってラインで話すことに。

とはいえ俺最初友達登録不許可にしてたみたいで
登録できないよーって言われて慌てて見直したりしてた。
格安スマホだと年齢認証が出来ないんでID検索なんかが使えないんだって。

こちらの電話番号は教えてあるので
ようやくラインでの友達登録に成功してお話開始
まだ入力で精一杯だし
長い言葉の最後の部分を間違えたまま変換しちゃうと
まーた長い言葉の最初っからやりなおしーに
ムキーってなりながらも楽しくお話できたよ(´▽`*)

基本的に緊急用の電話として持つつもりなので
ラインとかはおまけでしかなかったんだけど
これはこれで気軽に話せるんでホントいいねー。
打つのに慣れたらもっと楽しくなるに違いない。

あとは愛猫のチビ子さんの写真が撮り放題なところだなー
ばんばん写真も撮って行こうっと。
スマホからのアップはまだ大変なので
パソコンに一度送信してから的なやり方で日記にも載せていこう。


2018-10-21

謎は全て解けた

カテゴリー: 日記
親父の状態も悪くないんで
夕方友人のとこに話に行ってたんだけど

帰ったら玄関先にチビ子さんがいて
玄関に電気ついてるのに鍵が閉まってる。
たまーにチビの帰りが遅い時はこうやって閉め出しやったりするんで
またそれかなー と開けてーと玄関ノックして
チビと一緒に帰宅。

あれ?あんたどっから外に出たん?と母が不思議そうにチビに聞いてる。
窓とかが開いてないか全部チェックしたけどどこも開いてない。
母はおかしいなあ確かにチビ入れてから鍵かけたはずだし
にゃーにゃー外に出せと騒いでたんだけど?と全然納得いかない様子。
でも玄関か裏しか開く場所ないんだし
おかんがなんかやらかして閉めたつもりで外に閉め出したんちゃうん?
で一旦母も納得したんだけど

その後チビ子と一緒に階段上がってたら
どーもチビ子の様子がおかしい
なんか上にいるよ?って感じで上見ながら立ち止まる。
いいから上に上がるよーとチビ子を後ろからせかしても止まって動かない。

????
俺も上を見ると階段の踊り場にチビがもう一匹!
え????(フリーズ)

あーーーチビ子のそっくりさんやー!!!
母はこの子を家に入れてチビが帰宅したと思い込んでたんやー
ってうちの子とよその子間違えるなよー
(とはいえ見た目はまったく同じキジトラである)

首輪つきでよそで飼われてる子なので
家の中に入れられてもそこまでパニックにならずにスルーできた模様。
母に聞くと外に出してーって時には母から逃げなかったらしいので
どうも女性相手だと大丈夫みたいなのだけど
俺見たらふーーーー!!ってやってた(;'∀')

その後追い出しに少し苦労したけど
なんとか無事に外にその子を出して
チビ子さんも無事保護。
つかちょっと喧嘩というか衝突した感じで
びびったらしくおかんの介護ベッドの下に避難してた模様(;'∀')

飼い猫なんで俺の部屋の中にいたけど
粗相とかはしてない模様で助かった。
うちのキャットフードはガツガツ食ってたらしいけど被害?ってそんくらいかな
ってか別にそれは食べても構わないのだけど

まーた間違えないように気を付けてもらわないとですよ。
うちの子を外に追い出してよその子監禁したらあかん
その子の飼い主さんも帰らないって心配してると思うし。

つかチビ子が朝帰りして帰らなかった日あったけど
その子の家に間違えて監禁されてたりして(;'∀')

2018-10-16

介護と看取り

カテゴリー: 日記
今年の初めから母が体調を崩し
長期入院の果てに寝たきり一歩手前な要介護認定を受けました(;'∀')
父と今後どうするよ?家で面倒見切れないぞ?
みたいに頭抱えてたんだけど
七月に父に肺がんが見つかり転移もあってステージ4b(*´Д`)

ダブルで介護のち一人看取りですやん
となりました

ひと昔前の俺なら最悪を想定して鬱になってたり
めんどくさい事から逃げまくってたりしてたと思うんだけど
意外に今はやるべきことを淡々とやれてたりします。
自分でも不思議なくらいに落ち着いていろいろこなしてたり。
ま、他にやる人がいない出来る人がいない自分がやるしかない
ってなれば自然にそうなっちゃうもんなのかもしれません。
今までそういう事から逃げてただけだしね。

また要介護になってヘルパーさんや訪問看護の人ケアマネさんなど
福祉の人の手助けが大きかったりします
他の事ならいざしらずだけど
人に食べさせるようなちゃんとした料理 なんか俺には無理ー。
(自分一人でてきとーに食べるものくらいは作れますし作りますが)

介護や看取りなど
誰にでもいつかはおとずれる事が来るべくしてやってきただけ
なんだろーけどね。
いっぺんに二人ってなかなかしんどいなあとも思うけど
うんでもなんとかはなってる。

俺自身も元気な訳じゃないので
いろいろ爆弾抱えながら頑張ってて
あーやべえ(*´Д`)な事態もあったりしたけど
それはそれでなんとか回避できそうで。

母の方もこのまま寝たきりかなから
それなりに家の中で動いてくれる までにはなってくれてて
文句言いながらも父の世話なんかを頑張ってくれてたりもするし

あとは父がどこまで頑張るか だなあ
父が死ぬ事について悲しいとか寂しいとか
それは俺には一切ないのだけども
(いろいろありましてー)
それでも自分がやるべき事はちゃんとやろうと思ってはいます。
2018-09-26

近況2

カテゴリー: 日記
またもや最近の話を。
気が付けば九月も終わりそうだけど
自分をとりまく状況はあまり変わってないかな。
大変と言えば大変だけど、それでもなんとかやってる感じ。
自分自身の足の指がもげそうになった ってのは
まあ、定期的に起こってる事で今更だったりもする。
今んとこは大丈夫そうだしね。

あれやこれや動いたり連絡すべきとこに連絡したり
とかしてると自分が大人になった感(;'∀')
今までが全部そういうの親任せにしてただけ で今更なだけの話でもあるのだけど
親がそういうの物理的に出来なくなって
なおかつ電話するくらいの事ですら出来ないとか言い出してて
ああ、親も年を取ったというか弱ってんだなーと
その分自分がやらなきゃってなってだから自分がしっかりやってるって思えるようになったんだなあ。と
親離れってんでもないけどね。
親に依存してるうちはホント今が五十歳でも子供のままなんだなあとも思う。
▼    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ...