acchan.com恋愛お見合い - 無料の婚活サイト  どなたもログインしてません  

スッキリワクワクキモチイイ

書きたいときに思ったことなど書いたり。

▼    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ...
2018年11月05日(月) 05時08分52秒

幸せってなんだっけ?

カテゴリー: 日記
まいど
おおきに
2018年10月21日(日) 07時23分42秒

変な夢

カテゴリー: 日記
PADI 用具を借りれれば潜れる
借りれるか確認したら
借りれることになった
この沼に潜るらしい
沼に何がいるのか、どうやらいるらしい

海沿い、実家の工場があるあたりで
でも岩場があったりして
ここまでは、〇市でここからが私たちのところでと
妹に言ったら、知ってるという
太平洋がみえるというおばちゃんがいたので
?となりつつ、あの山の上に海がみえる家を
お金持ちが建てているらしい
手前に傾いてる家があった
どうやらテレビの影響らしい、観光客が多い

そのうち誰かの家で、マッサージしてるらしい
てぎわよく掃除をしていた
婿さんは歯科をしてるらしい

マクドで注文
若い学生の店員さんが話しかけてくる
人との関係の進捗を気にしてくれてる
ソフトクリームのようなものを注文

妹に何かを聞いていた
歯科が忘れ物を届けに来た
着る服がなくて適当に着た

つまづいてお酒が入ってた丸い容器が割れた
妹が土産で買ったものを保管してたらしい
割れたことを伝えた

実家の中学から下った
古市あたりから歩いて帰る

そして気づいた
卒論なにもしてない
今日は、4月の最終日曜あと4日しかない

ツンダ

間にあわない
来年卒業
親に言ったけどポカンとしてた

ほかの宿題もなにもやってない
これでその日が来たらなにも出さないままだなと思った


課題があって
やってないので
出さないまま
という定番
2018年09月24日(月) 05時44分19秒

変な夢

カテゴリー: 日記
若いころ、ラッキーだったのかも
めぐまれてたのかも
仕事も簡単にやめたり
お金持ちの知り合いがいたり
向こうから勝手にやってきた幸運を
自分でダメにしてた感じもする

だから、いまはそうじゃない

夢にでてきた
住宅地が大きな町になってた
ガスステーションがふたつあり
そのうえあたりに家があった

石田と家を訪ねた
石田にあれだよと言った

近所の人から何か言われてた
ゴミをどんどん投げ捨ててた


もう来ないで
みかけても声かけないでと言われた


部屋にはいったり
車使ったりしてたのに(夢の中で



2018年09月09日(日) 13時12分22秒

なんか変

カテゴリー: 日記
若づくりのおばさん3人組
品川駅で発見
同じ電車に乗った
なんか違和感
特に赤いヒールの
オデコにシワの
スカートヒラヒラおばさん
若いころのスカート?

ん?でももしかして
このおばさんたち
年下かも?

マジかー
2018年07月24日(火) 20時21分45秒

スマホ紛失

カテゴリー: 日記
スマホ紛失
でも
今日のお昼くらいに
品川警察署であずかってるという
メールが届いた

やはり落としたんだ…
みつかってよかった

ありがとう
届けてくださった方
2018年07月16日(月) 14時00分04秒

変な夢

カテゴリー: 日記
変な夢ばかり
夢が現実なら
いろいろきついなあ
2018年06月30日(土) 03時56分54秒

卒論かあ

カテゴリー: 日記
卒論、よく提出できたなあ

指導教官は
いまの私ぐらいの年齢の
教授だったなあ
子供さんが同じ大学に入学してたし
まだ生きてるのかなあ

20代のような気持ちだ
2018年06月30日(土) 03時43分38秒

変な夢

カテゴリー: 日記
卒論ができてない
来月15日の提出、あと15日
来月テスト週間になるけど
なにも勉強してない

生瀬くんと藤尾くんはヘーキ
生瀬くんはさっさと仕上げたみたい

来年も学生?
親の支援がないから生活できないよ

なんとか書いて
埋めて出さないと
テストは捨ててもいい

15日が卒業式
2018年06月27日(水) 04時39分28秒

変な夢

カテゴリー: 日記
ジジイが死んだのは
22歳のころで
父は入院中だし
母はひとり暮らしだし
いつの頃のことなんだろう
高校生ぐらいの設定の夢かな


あと2つ目の会社の石原さんがでてきた
結婚したクミさんが働いてるとのこと
そりゃそうだよねえ
あのころ生まれた子供はもう25歳だし

母が挨拶を一生懸命していると
言ったら、挨拶は普通だと言ったので
母に普通のことをするにも
「力が入りすぎなんだよ」と言った

それは私のことだな
2018年06月27日(水) 04時31分04秒

変な夢

カテゴリー: 日記
ジジイが寝たきり
クソジジイだったのなんの情もない

ジジイは心を開かないらしい
ヘルパーさんなどが来ても知らんぷり
父が行くとニコニコ

だから家族の目の届くよう
ジジイを2階から1階におろすとのことで
部屋をリフォームなどを検討しはじめた
柱を外したほうがいいとかなんとか

庭先におかれて
寒いからとキティとマイメロディのふとんを
持ってきたと母から言われ
キティの布団はやめてくれと
言い奪いとった
▼    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ...