acchan.com恋愛お見合い - 無料の婚活サイト  どなたもログインしてません  

▼    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ...
2019/08/13 22:05:29

カテゴリー: 日記
短い夏休みも、もう後半で

台風も近づいてきたし

風も強くなってきたが

まだ泳げるだろうと

海に行ってみた。

海に行くと決めたのは

プールが人が多いからだ。

泳ぎに来ているのであって

涼みにきてるわけでない。

プールの駐車場と中に入っていく

高校生を見て、泳げない事を覚ったからだ。

高校生で、ただ涼んでいるグループは少ない。

泳ぐコースに乱入してペースを乱す存在である。

見た瞬間に、これはプールはダメと

海に向ったのだ。

海に行って思うに、海で泳いでいる人は

少ない。

海に浮いている人が圧倒的である。

泳いでいるのではなく、浸かっているのだ。

台風が近づいてきたせいか、波が荒くなってきたが

岸辺に平行に泳いでいれば、沖に流されることも

なく海岸を行ったりきたりと。

プールと違い、ターンがないし

波も高い。

透明度は低い。

泳げることは泳げるが、安心して泳げるわけでない。

溺れて死ぬ人がいるわけであるから

海で泳ぐというのは

事故がつきものだ。

お金はかからない。

ただ、海に行くための時間や

日焼けの心配やら

泳いだあとの、シャワーやら

足についた砂を落とす面倒さ、

誰もが入れる海水浴場の

猥雑な雰囲気やらを天秤にかけると

プールだろう。

ある程度管理された安心感。

大波がくるわけでもなく

海洋生物に刺されるわけでもなく

藻が浮かんでいるわけでもなく

水質は管理されている。

混みすぎでなければ

プールでいい。

2019/07/28 21:08:50

満車

カテゴリー: 日記
プールは、夏本番で、駐車場は満車である。

行列待ちの車が10台連なっている。

確かに、満車であるが

関係者の駐車場は、10台分は、空いているから

開放すればいいのに。

半民間であるから、サービス精神はあるのか

ないのかわからない。

この季節は、プールは混むけれども

幼児連れの大人ばかりで

幼児は無料であるから大した金額でなかろう。

駐車料金もタダだし儲からない。

この季節は、人が多いのを見通して

年寄りは姿を見せない。

年寄りは 無料だし、大人が、増えても

監視員は、増員であるし

人件費はかかるし

どうやって利益だすのかいなと。

今日も3000m泳いだけれど

泳いでいるのは、少数派である。

混んでいるには混んでいるが

泳げないほどでもない。

海に行くよりは

安全であるし、何よりも

教室が開かれてないからいい。

7月、8月は、人手が多い割には

儲からない季節なんでないかなと

満車の札を見て思う。

関係者の駐車場を開放する智恵はなかろう。



2019/07/21 22:19:13

カテゴリー: 日記
久留米は、大雨でも

福岡市は、川が氾濫するほどでもない。

降っては、止み、晴れ間が出ると

蒸し暑くなりとお天気は変わっていく。

プールは、人口空間であるから

屋外プールは別として

水質や、水温は管理されて

雨だろうが、関係なく泳げる。

特に、雨の日は人手が少ないし

混まない為に恵みの雨である。

2日続けて、3000m泳げるし

条件がよくないと遠泳は難しい。

混んでいるプールではとても無理であるから。

梅雨もまだ明けてないようだし

このまま8月になって

盆が過ぎれば、海水浴も終わり。

プールもだいぶ少なくなるだろう。

子どもだらけで、年寄りの姿が見えない。

行く時間帯にもよるのだろが

今の季節は、小学校の低学年の子供と親の組み合わせだ。

雨といっても、雨が上がれば、駐車場は満車であるし

低料金で遊べるプールは日曜日は混み始めた。

雨の中にプールに通い

外光が射さないから水面も暗い。

だんだんと視界が明るくなってきて

子供たちが、屋外プールで遊ぶほどに

天候が回復してくると

またまた人の入りが多くなってきた。

3000m泳ぐと、腰が痛くなってきたので

水中歩行でストレッチして

帰りに血圧を測ると

106の60。



2019/07/16 21:46:04

兵隊さん

カテゴリー: 日記
4日も休むと大変、大変。

やり残しがたくさん。

明日は、明日で忙しい。

休み過ぎで、身体が動かない。

働き方改革ってなんぞや。

早く帰って、消費して経済の循環を

良くするような消費活動か。

サラリーマンは、上から横から

槍が降ってくる。

かわしながら、進まないと。

明日も面倒くさい日である。

仕事が出来る体力維持。

暑い日差しの中を出勤。

働き方改悪である。

皆と同じ時間に行って仕事。

朝早くもダメ、夜もダメ。

決められた時間内に。

仕方ないので昼休みに働くという悪循環。

まあいいか。

遅れず、休まずと

サラリーマンは給料ののため働くのやな。
2019/07/15 18:48:32

カテゴリー: 日記
あまりにプールの人出が多いため

海に行ってみたが

水温が低くて泳ごうと思えず。

砂浜は暑いし、貝殻やら、小さい虫はいるし

海に行くのも大変である。

日焼けもするし、プールで泳ぐのがいい。

遠くの風景やらを眺めるのはいいとして

夏の海には、行くのも難あり。

泳ぐ際に、貴重品の管理も

なんだしプールのほうがいい。

日焼け対策が必要不可欠である。

2019/07/14 22:46:42

梅雨曇り

カテゴリー: 日記
涼しいせいか、プールは混みすぎて

泳げないという状況ではない。

少ないほうが泳げる時間が長くなるし

ちょうどいい。

天候晴れれば、もはや泳ぐ事は無理がある。

今日は3000mくらいである。

二日目は楽に感じる。

外プールは水温が低くて

中の温水がベストだ。

あまり独占しては悪いので

途中から譲って、様子を見ては

舞い戻り泳ぐ。

退出時間ギリギリセーブ。
2019/07/09 22:06:12

働き方改革って

カテゴリー: 日記
働き方改革で、遅く来て早く帰るような

混む時間帯に通勤して

決まった時間内に仕事して

有給で休んで、溜まった仕事を

やるという余裕のない仕事のやり方。

も少し、余裕をもったほうがいい。

全然休んでなくてというのは

問題だけれど

少人数で替えもいないのにね。

誰も守ってくれないのにね。

余裕のない仕事ぶりで

早く帰ってもどこ行っても混むばかり

休むのは、引きこもりで

どこか旅行に行くとか

考えてない



2019/07/07 22:09:46

余裕

カテゴリー: 日記
50にして惑わずと論語で言っているが

中身がないまま年を重ねただけで

実は、50歳なんて若造なのだ。

20と大して変わってはないのでは。

体力は落ちてきたのだが

瞬発力はともかく、長い時間

泳げる能力なんぞ伸び盛りである。

10代の小学生は夢中に泳いでいるが

50歳は、優雅に余裕をもって泳ぐ。

小学生に混じって泳がないといけないのは

この時季はプールは混みすぎだからだ。

5時半過ぎてから行くようにしようかと。

6時過ぎてからが理想だが

あまり遅くいくと帰りが8時過ぎてで

夕飯は遅くなりすぎだ。

毎日行ってもいいくらいだが。

余裕のある泳ぎは一朝一夕には

身にはつかない。

働き方改革で早く帰るのであるから

プールに寄れないこともない。

が、おそらくは平日では20時過ぎないと

ゆったりと泳げないだろうな。

専用の流れる実験水槽の中で

泳ぐのも手だが

理想は、綺麗な海で泳ぐことか。

2019/06/23 21:31:21

死体気分

カテゴリー: 日記
日曜は、夕方5時過ぎてからが

水泳をするにはいい時間帯である。

日中は、混んでいるし

子供たちが帰りはじめてからだ。

時間帯を選ばないと満足できる泳ぎは出来ない。

遅い人と一緒だと、後ろは渋滞してしまう。

前の人が遅いので、仰向けになって

しばらく浮いてみた。

そうでもしないと前の人に追いついて

しまう。

浮く時間で調整中なのに

監視員が飛んできた。

心筋梗塞を起こした

死体と勘違いされたか。

生きているから

少しバタ足をすると

監視員は視界から消えた。

煽り運転は地上だけでなく

プールもそうだ。

煽って前の人をけしかける。

自分は、死体になるほうを選ぶ。

水中ドライブレコーダーが

そのうち出てくるだろう。

プールも安全運転でいきたい。



2019/06/02 22:03:33

引きこもり考

カテゴリー: 日記
紫陽花とビワの季節で、

散歩してると様々な家で観られる。

どちらも、今の季節だけだろう。

命あるものは、いつかは消えていくし

栄枯盛衰、奢れるものも久しからず。

いつかは、会社生活も終わるはずで

肩書きが消えてどう、世間から

見られるか、裸の自分が

どう認知されるかである。

いくらお金を持っていても

あの世には持ってはいけないし

どのように使っていくか。

使い道と寿命を考えて

計算しないと。

もはや、贅沢とは縁のない生活で

これから食も色も減っていくだろうし

枯山水のような境地か。。

社会的地位は求めず

市井のゴミとして生きていくというか

別に引きこもりで

迷惑かけねばいいのではと。。

家族を作って、家族の中で

争いごとが起きてと考えるに

独りでいいのではと。


▼    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ...