acchan.com恋愛お見合い - 無料の婚活サイト  どなたもログインしてません  

座って半畳・寝て一畳

お気楽男のひとりごと・・・
お気楽にご覧あそばせ・・・

▼    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ...
2019-05-21

失礼なこだわりにて・・・

カテゴリー: 日記
汝よ・・・

迷える子羊たちよ・・・

内臓が口から出そうなほどの咳の連続もやっと落ち着いた。

周りから結核だの肺がんだの散々脅かされ病院に行ったのだが、
結局はただの喉や気管支が荒れているだけで咳止めの薬を貰っただけである。

何だか喉がまだゴロゴロしているが取り敢えず何十連発も止まらない咳が落ち着いて良かった。


それはさておき・・・

「食べ物で何が好きですか?」

日常でよく聞く質問である。

我はオムライスが好きである。

しかし昨今はオムライスとか云っても卵はグチュグチュだしチーズなども含まれていていまいち解せぬ。

我の好きなオムライスはベタベタのケチャップライスを薄い卵で包んだ昔ながらのものなのである。

頼んだオムライスがそれでないとガックリするのである。

薄い卵の上にケチャップが乗っているのであるがそれに更にソースもかけて頂く。

これが実に美味しいのである。

そう云えば我は味見もせずに醤油やらソースやらを何にでもバシャバシャかける。

これが結構顰蹙(ひんしゅく)な事も解っているがどうにもこうにもやめられぬ。

あとは我は白いご飯にやたらとフリカケをかけたいのである。

フリカケが無いのであれば塩か醤油をかけたい。

貧乏な頃にご飯しか注文出来なかった我はタダで使用しても良い調味料をご飯にかけて食べていた。

その癖が今も直せなく女性とデートをする時や接待などでお得意様と会食する時以外はそうしてしまうのである。

もう随分と昔の話であるが女性と同棲した。

しかし一カ月と持たずに我は逃げ出した。

彼女の作った飯は美味いのだが気を使って調味料を使えないストレスに堪え切れなくなったのである。

後々になって本当の理由を彼女に話した時に「そんな理由なの?」と随分と呆れられた。

でもせっかく作った料理にそれをするのは大変失礼だと云うのが我の見識でもある。


まぁ男女が別れる理由は沢山あると思うがこんな理由もあると云う事である。

でもこれってせっかく料理を作ってくれる相手に対し云ってもいい事なのであろうか?
2019-05-19

白鳥の湖

カテゴリー: 日記
汝よ・・・

迷える子羊たちよ・・・


声・舌・指

我はこれを巧みに操り脳内に侵食する。

それが過ぎればナメコとトロロ昆布で作った合わせ味噌の出し汁の中に、
浸食した脳味噌から垂れ流れた有り触れた現実的な思考の汁を更に合わせ、
破滅の向こう側に行く為に通り抜けねばならぬミストのカーテンの寒さに堪えるが為に、
青紫茶紅の産毛の生え出したお椀の中の味噌汁を我は口移しで虚ろな女口に垂れ流す。

夜窓から差し込む混濁の蒼白き十六夜の月光が真っ白な部屋の真ん中に置いてあるアンティークな電気オルガンの鍵盤を奏で、
眠っていた鳥の唐揚げからは手足が生え羽根も生え、たった今まで鶏だと思っていた我はその鳥が白鳥であった事に気が付きこれを唐揚げにした調理人を30分弱にわたりネチネチと叱責した。


「お前にとって人生とは何か?」

こんな質問をされるといつも我はその質問者が人参に見えてしまう。

はたしてカレーシチューの中の人参はクリームシチューの中の人参ほどに必要なのであろうか?

カレーシチューの中の人参は蓮根や木耳でも充分ではなかろうか?

そんな事をついつい考えながら我は夜空に向かって囁く様に

「uno」

と、云って号令をかけ微粒子の妖精たちとラジオ体操第一を踊るのである。


本日は日曜日である。

日曜日の夜とはその様なものなのである。


久しぶりに一句詠んでおこう。


我が乳首

産毛が3本

生えてます


それでは良い一日を・・・

御機嫌よう、、こんにちは・・・
2019-05-18

どうもいかん・・・・

カテゴリー: 日記
汝よ・・・

迷える子羊たちよ・・・

眠ると咳が激しく出て止まらぬ。

まるで呪いをかけられたように止まらぬ。

熱がある訳でもないが朝起きると喉が痛いどころか腹筋まで痛い。

風邪では無い思うのであるが・・・

本日は少しおとなしく静養しよう。
2019-05-17

我らしく・・

カテゴリー: 日記
汝よ・・・

迷える子羊たちよ・・・

よくよく考えれば我も随分と変わったものである。

一昔前までは時計であれ財布であれビジネスバックであれ,
ほとんどのものをブランド品で何個も持ち合わせていた。

それが今では時計もはめねば財布だって数千円程の機能性重視のものを使っている。

勿論ノンブランドである。

1つの財布の中に免許証も名刺もカードも大量に入るので実に便利である。

持っていたブランド品と云えば全て従業員達に使って頂いている。

今風の言葉で云うと断捨離というのであろうか・・・

よくよく考えれば数年前からは携帯電話すら会社に置きっぱなしの事も多い。

最近は人付き合いもかなり少なくなった。

物も人も断捨離している様なものである。

物欲もなければ面倒くさい人間関係からも目を背ける。

ブツブツも言われたがそのおかげで今の我はかなりシンプルになった。

女性に対しても恋愛はもういいかなとも思う。

何の縛りも無くお互いのタイミングが合った時にお茶をしたり飯を食べたり旅行に行ったりセックスをしたり・・・

特定の女性に定めず誰からでも誘われてタイミングと気分が合えばデートする。

この方が解りやすくて面倒くさがりの我には適しているのではなかろうかと思うのである。

色々なものを捨て軽くなり気楽な方向へ進む。

人からどう云われようともこれがもっとも我らしいグウタラ道ではなかろうかと思うのである。
2019-05-16

日暮れとともに・・・

カテゴリー: 日記
汝よ・・・

迷える子羊たちよ・・・

ここ数日は夜の7時に床に入り朝の5時前後に起きる。

そうして朝一で珈琲では無く梅こぶ茶を頂く。

まるで仙人の様なライフスタイルである。

最近の夜のテレビはクイズ番組や旅番組ばかりで実につまらない。

早くにベッドに入り色々な事を頭に思い浮かべながらいつのまにか眠りに就く。

その方が何と無く有意義に思えるのである。

それに朝寝不足でゴルフに行く事も無く実に健康的である。

もちろん金曜や週末などは夜に用事などを集中させているが故にこれ程に早く眠れないのではあるが、
夜に用事の無い日などは進んでこのスタイルを取り入れてもいいのではなかろうかと思う。

これに慣れれば電気の無いド田舎に住む事になっても日の暮れと共に寝て日と共に起きる。

こんなライフスタイルにも適応できるのではなかろうか?

ただ問題が1つ

恋愛においてはこのライフスタイルだとすれ違いから一気に崩れてしまう可能性がある。

「そろそろ寝ます。おやすみなさい。」

の連絡が夜の7時前に来て

「おはようございます。今日も一日頑張りましょう。」

の連絡が朝の5時頃に来るのである。

夜の7時と云えば人によってはまだ仕事の帰り道である。

そう考えればこのライフスタイルは恋愛には適してないのかもしれぬ。

それにしても年寄りは早寝早起きと云うが、このライフスタイルが快適な我はもうすっかり年寄りと云う事であろうか?
2019-05-15

私は貝になりたい

カテゴリー: 日記
汝よ・・・

迷える子羊たちよ・・・

これについては以前にも少し綴ったのであるが・・・

猜疑心(さいぎしん)

これがあまりにも強い人は苦手である。

この様な人には被害妄想や精神不安定からくる気のムラの激しさなどがセットで装備されている場合も少なくは無い。

こうなると嫉妬などと云う可愛らしいものではなく、聞く耳持たずの最強のデストロイヤーに変貌する事があるので気をつけねばならぬ。

最初は根気よく侃々諤々と説明をして誤解を解こうとするのであるが、
それが何度も続くと当然その毎回の粘着さと無実の説明に嫌気がさす。

そうしてもう堪え切れなくなった旨を伝えると

「やっぱりそうだったんだ」

「今まで騙していたのね」

「嘘吐き」

などなど・・

何故に我が堪え切れなくなったかの根本には一切目も向けず、
理不尽で超攻撃的な自分勝手な発想しか持たぬのである。

この様な人は自分の考えが絶対なのである。

そもそもそこまでの猜疑心を持ちながら付き合っていて楽しいのかと思うのではあるが・・・

しかしこれが男性の場合は暴力なども伴い更に最悪と推測される。

ここの素敵女子の皆様の中にもその様な経験をした事のある人もいるのではなかろうか?

なにはともあれ始めは好意と云う感情からその様になっていってしまうのであろうが、
ヤキモチや嫉妬の域を遥かに超えるとその関係性もどんどん崩れていってしまうと云う事である。


我はその胡散臭さからなのか容疑者のレッテルを貼られる。

取調官は端っから何の証拠も無いのに自分の培った統計や経験から

「絶対こいつは黒だ!」

と取り調べをする。

最終的には容疑者の我が無罪にも関わらず面倒くさくなって

「はい。あなた様の云う通りで御座います。」

と冤罪と自ら知りながら罪を認める方が楽になると云う選択をする。

そうして散々罵声を浴びさせながらやっと解放である。

それにしても何故に我はここまで疑われるのであろうか?

確かに一昔前まではハチャメチャに遊んでいたのではあるが、
ここ数年は自分で云うのも何だが、かなり質素で真面目な生活態度である。

胡散臭さと云う昔に培った匂いは一生消えないものなのであろうか?

全く困ったものである。
2019-05-14

40wのぬくもり

カテゴリー: 日記
汝よ・・・

迷える子羊たちよ・・・


死んだ我は死んだと云う事に気がつかずにこうやって日記を綴っている。

だから明日の朝に目が覚めたら我はにゃん太郎では無く、
記憶も何もかも塗り替えられた何かになっているのかも知れぬ。

ケロケロケロケロ

それはカエルであるかも知れぬ。

ミンミンミンミン

それは儚き命を与えられたセミかも知れぬ。

ゆらりゆらりゆらり

それは大きな空に流れる一筋の雲かも知れぬ。


我は思ふ・・・

願わくば田舎の電柱のてっぺんに備え付けられている40wの薄暗い電球になっていて欲しいと・・・

そうして日暮れにその下で泣いている、か弱く寂しい少女をそっと照らしてあげたい。

何も云わずにただひたすらにただひたすらに照らしてあげたい。

思いやりの意味を結局理解出来ぬまま自分勝手に生きた我。

だからそっと照らすのです。

ただただ40wで照らすのです。

そうして我に出来る事はと云えば少女の悲しみの影を作ること。

それが今から楽しみなのです・・・


明日の朝

我は何に生まれ変わっているのだろう?

そんな日めくりカレンダーを我は後何日何年めくるのだろう?

本日の夜、40wの間接照明を部屋の片隅に置きました・・・
2019-05-13

赤裸々な自己紹介

カテゴリー: 日記
汝よ・・・

迷える子羊たちよ・・・

我の性交のスタイルとは抱く相手に

精神の葛藤

判断力の欠如

理性の異常欠落

をさせるために全力を注ぐのである。

心が壊れてゆく女性の姿は実に淫痺で美しい。

けっして他人には見せぬ醜態を見る事こそがこの世の中での我の一番の嗜好の時である。

性交とは性器が交わるだけでなく精気が交わる事に意義があるのだ。



それはさておき・・・

一つ疑問に思う事がある。

ここは出逢いの場である。

人によっては結婚すらも真剣に求める。

なのに自己紹介や相手に望むものの欄にセックスに対する記述が1つも無い。

男女においてとても大切な事であると思うのであるが・・・

赤裸々な自己紹介は知り合ってから勝手にどうぞと云う事であろうか?


本日は気だるさも少し影を潜め精神状態が久しぶりに良い。

ここ数日でなまってしまった心や体も少しは動かして見るかな・・・
2019-05-12

だらだらごろごろ

カテゴリー: 日記
汝よ・・・

迷える子羊たちよ・・・

最近の睡眠時間は異常である。

暇さえあれば知らぬうちに眠っている。

我は腑抜けである。

どうにもこうにも何に対してもモチベーションが上がらず気だるいだけである。

こういう時は何かの予定を立てても下らぬ所用などが入ったりしてスムーズに事が運ばぬ事も多い。

踏んだり蹴ったりどころか24時間をダラダラとしているだけである。

これが俗にいう更年期障害と云うものなのであろうか?

とにかく性欲の減退と精力の衰えが一気に訪れた様な気がする。

このままなのであろうか?

それとも何かにきっかけでまた少しは回復するのであろうか?

女性にギラギラしていない我に何の価値があるのだろう?

全く困ったものである。
2019-05-10

心の防衛本能

カテゴリー: 日記
汝よ・・・

迷える子羊たちよ・・・

自分の身に不愉快な事が訪れた時にどう心の対処をするのか?

人と云うのは何か不愉快な起こると取り敢えず何であれ他人やモノのせいにする。

心の防衛本能が働くからである。

しかしその空間や他人との関わりにしろ自ら身を置いているのである。

そう考えれば必然にしても偶然にしても不愉快な事が起きた時に少なからずとも自己責任が発生しているのである。



濡れ衣を着せられた

約束を破られた

嘘をつかれた

騙された

などなど・・・


単純にいえばその場や人に関わらなければ良かったのである。

特にビジネスや恋愛においてはこの様な問題が多々発生する。

しかしビジネスにおいては10円の物をいかにお得に見せかけ100円で売れるかであり、
恋愛においてはいかに自分の醜さや汚い気持ちなどの醜態を隠し見せぬようにするかも一概に間違いとは云えぬ。

人や物を見る目を養えない人間は何度も同じ様な事態に陥る。

その様な人間は自分を反省しない人も多い。

全て相手や物事に責任を委ねてしまうのである。

そして文句を云い時にその運命さえ恨む

それではダメなのである。

それに関わっってしまった自分を見つめ直す。

根も葉もない事を云えばビジネスも恋愛も騙し合いである。

ならば騙し騙されも自己責任だと考えていれば少しは人や物を見る目も養われるのではなかろうか?

騙されて文句を言っているうちはまだまだ

騙されない様に目を養う事に意識をもって過ちを繰り返さないと云う事が大切。

達人ともなれば知っていても騙されてやるフリすらして損をしなようにするのである。

人生は騙し騙され全ては自己責任

それを頭の片隅に少しは記憶していれば何度もそれ程苦しい結末を見ないのではと我は思うのである。
▼    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ...