acchan.com恋愛お見合い - 無料の婚活サイト  どなたもログインしてません  

座って半畳・寝て一畳

お気楽男のひとりごと・・・
お気楽にご覧あそばせ・・・

▼    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ...
2018-09-21

女忍者・くノ一

カテゴリー: 日記
ベッドの中で忍者の如く体位を色々と変えてイク男

かたや職人の意地の如く1つの体位で黙々と腰を振り続ける男

素敵女子の皆様はどちらのタイプを好むのであろうか?

恥ずかしながら拙者の場合は忍者タイプでも職人タイプでも無く、
中途半端で数少ないレパートリーを駆使して精進するタイプだある。

ちなみに拙者の一番好きなタイプは拙者が座った上に前から抱っこちゃんスタイルで座ってもらう、
抱っこちゃん座座タイプであるとい事だけは恥ずかしながらも素敵女子の皆様にはお伝えしておこう。


それはさておき・・・

拙者の知り合いに超肉食女忍者くノ一がいる。

とにかく恋愛期間短し次から次へと男を食いまくる。

この女忍者には1つ決まりごとがあり相手からの口説きには一切応じない。

自分主導で相手を見つけては既婚者だろうが恋人がいようがお構いなしである。

食って相手が惚れたら終わりである。

「何でそんな恋愛ばかりしているんだ?」

と聞くと

「仕方ないじゃん。向こうに気があると思ったら興ざめするのよ」

一番タチの悪いタイプである。

でも拙者は知っている。

この女忍者に惚れて惚れて惚れぬいていた男がいた事を・・・

そうして悲惨に騙され利用され紙屑の如く捨てられた。

それからである。

その女忍者はセックス依存症の様に男をあさりまくる様になってしまったのである。

「えっ?あの子が?」

そう云われるほどに清楚でしおらしい女性であった。

付き合う相手によって生き様や更には性格まで変わってしまう。

男ごときと別れたぐらいで心が弱いと云われればそれまでではあるが、
そこまで惚れぬいてそうなってしまった事に自分を照らし合わせてしまう。

拙者にも心底惚れたそんな女性がいたのである。

騙されたとか捨てられたわけでは無いが、辛辣な別れで飯ものどを通らず1年以上立ち直れなかった。

他人から何故にあんな女をいつもお前は擁護ばかりするんだと云われるが、
何だか男を傷つけながらも自分にナイフを突き刺している様な女忍者の姿に、
拙者ぐらいは味方でいてあげねばと云う変な気持ちが拙者の中にあるのである。
2018-09-20

秋の無花果

カテゴリー: 日記
朝晩はめっきり涼しくなってきましたなぁ~

秋の風と月は女心を少しだけセンチにさせるのである。

人恋しい

人肌恋しい

秋は女心を俺に変わって口説いてくれるのである。

そうなのである!

秋は大チャンスなのである!

と、、、

毎年思っているのであるが・・・


それはさておき・・・

問題はビラビラである。

素敵女子の皆様はビラビラと聞いて何を想像するのであろうか?

人それぞれ色々なビラビラを頭に思い浮かべて日記をお読み下され。

まずビラビラについての扱いである。

あれはどの様に扱うのが正解であろうか?

コチョコチョがいいのかサワサワがいいのかペロペロがいいのかチューチュー吸うのがいいのかそれとも無視か?

イマイチ解らぬ

しかしあの相対したビラビラは左右微妙にアンバランスである事が多い。

右は大きいのに左はやけに小さいなんて事も多々あるのである。

あの卑猥な造形はやはり神聖な領域を保護する為にあるのであろうか?

大きいビラビラを見るとその両端を合わせギャウザを包むようにしてみたくなる。

と云う事はあれは餃子の皮の仲間であろうか?

正当に考えればあれは貝の身を守る貝殻の進化系であるとも思われるのであるが・・・


秋の夜長と云うものはこの様な哲学的思考が俺の頭を悩ませるのである。
2018-09-19

ゆっくりイキたい・・・

カテゴリー: 日記
異性を好きになる事は良い事である。

想いが通じ合えばなおさらに良い事である。

しかしである。

その好きと云う気持ちが辛くなってイってしまってはダメである。

両想いなのに辛い。

実におかしな現象である。

一途に好きになり自分をさらけ出し好きになり過ぎて相手を想うと辛い。

辛いの中に何があるのか?

逢っていない時の見えない相手の気持ちや行動が気になり過ぎて辛くなる。

自分がこれだけ好きなのに相手の気持ちが解らなくなって辛くなる。

辛くなる原因は色々である。

こうなるとそんな事ばかり考えている自分自身にすら嫌悪感を感じるようになってくるのである。

お互いが同じスピードで同じ様な量の好きや愛してるが一番いいのであるが、
なかなか足並みのそろった恋愛関係を構築していくのは難しい事なのかも知れぬ。

次のデートの日にちを楽しみに毎日頑張れる。

昼食を取っていたらふいに好きな人が頭に浮かび

「今頃お昼ご飯なのかな?」

それぐらいが丁度いいのである。

好きになって付き合ってお互いが削り合って辛くなっていく様なら、
一人でいた方がまだ精神的にマシだったということになってしまう。

ひょっとしたら好きになる速度は互いがゆっくりの方が末永く上手く楽しくイクのかも知れぬ。

それに加えお互いが同じスピードで同じ様な質量を積み重ねていければ尚更に良いのである。

あとはドキドキ感がとても大切

学生の頃に好きな女の子とデートをする前の晩に

「明日こそはキスするぞー」

と意気込みデートに出かけるのであるが結局は何も出来ずに帰ってきて溜息をつく。

あるいは

「明日こそは何かされるかも?」

と思いながら彼とのデートに出掛ける。

しかし手すら握ってこない彼


そんなドキドキが歳を取るごとに無くなってイってしまう。

ここ様なサイトでも逢ったその日にエッチをしてしまう人も結構いるのではなかろうか?

別にそれが良いとか悪いとかではないがそこに純真なじれったいドキドキ感は薄い。

そう云うのを積み重ねた一発と何となくその場の流れでやってしまった一発は全く別物である。

歳を重ねたからこそプラトニックな部分は大事にしたいものである。

そこでの純真なじれったさが心と心の愛撫を重ね合わせ抱きたい抱かれたいの気持ちを育て、
いざ時が来て本当にベッドの中で肌と肌が重なった時に強烈な愛情や快楽を感じさせ確認させてくれるのではなかろうか?


俺はすぐに一発やりたがるダメ男である。

しかし俺にだってそんな恋愛に憧れが無いわけでは無い。

俺は何かと人生をイキ急いだ。

晩年はもう少しゆっくりイキたいものである。

その方が何かとじっくりと楽しめるのではなかろうか?
2018-09-18

シンプルにイキましょう

カテゴリー: 日記
人間なんて云うものは常に滑稽でいいのである。

まずは自分の弱さや醜さとしっかり向き合ってそれを自分自身でしっかり受け入れる。

言葉にするのは簡単だがそれがなかなか出来ない人が多い。

それを更にさらけ出して生きるのはもっと難しい。

よく見られたいというプライドや見栄などが邪魔をするのである。

このよく見られたいという厄介な思いが我が身を苦しめ、
返って人から見抜かれてしまう場合も実に多いのである。

強く生きなきゃ

強くなんて生きなくていいのである。

分相応で充分なのである。

強くと云う考えが強がりを呼び嘘を呼び自分にドンドンと負担をかけてイってしまう。

人に良く思われたい見せたいという気持ちも同じである。


俺は素直と云う言葉が好きである。

素直に自分を受け入れれば苦しくない程度の努力は難なくこなせる。

そうすると無駄な考えと譲れない考えの振り分けも簡単なのである。

背伸びをして生きる。

しかし背伸びの中にもプラスの背伸びとマイナスの背伸びがあるのである。

無理は禁物

いきなりも禁物

積み重ねる事にあまり苦の無い背伸びをする事が大切である。

それを上手に選択できる人間こそが結果的によい評価を得て自分自身の成長に繋がっていくのである。


一番大切な事は自分と自分の大切な人が毎日屋根の下でご飯が食べられる。

これだけである。

後のものはどうでもいい事ぐらいに思っていればいいのである。

自分に期待など絶対に持たない事。

辛くなったら目の前の人に弱音を云う事。

弱音を云う事など恥ずかしい事では無いのだ。

それを

「お前はそんな弱音を吐いて恥ずかしくないのか?」

なんて云う人間の方が器量が狭く恥ずべき人間で付き合う価値もない人間だと思えばいいのである。


飯が食えて少しでもグウタラに楽が出来たら大ラッキー

そう云う考え方を俺はしている。

心の裕福は金のあるなしでは無い。

これだけは若い頃に乞食みたいな生活をしていた事もある俺が思うのだから間違いないと信じたい。

とにかくあまり難しく考えて人生を生きない事。

これが昨今の俺のイキ方である。

自分を今苦しめているものは何か?

漠然と苦しんでいては積もり積もってイクだけである。

苦しめているものの根源を思い切って放棄するのも一考

屋根の下で飯さえ食えていればいいのである。


人間はほとんどの場合は自然体で生まれてきたら取り敢えず泣く

それが基本である

大人になってもこれを忘れてはならぬ。

辛くてしんどいなら我慢せず頑張らなくて良い。

取り敢えず泣けばいいのである。

大声を出して泣けばいいのである。


赤ん坊は泣いた後に腹が減り乳を飲む。

そうしてスヤスヤ眠るのである。


辛い事があったら泣いて泣いて疲れてアホらしくなったら飯を食って眠れば良いのである。

そうして辛い事など時と云うものが勝手にその痛みを和らげていくのである。

人間で生まれた以上は人間と云う基本に忠実に生きてイクのが一番いいのである。


大概の事は

「仕方ないなぁ~まぁ~いっか!」


この言葉だけで充分なのである。
2018-09-17

理想の夫婦

カテゴリー: 日記
女優の樹木希林さんが亡くなった。

これまたショックである。

旦那はロック界のカリスマ内田裕也さんであり本木雅弘さんの義母である事は改めて云うまでもない事である。

夫婦スタイルも独特のものであったのであるが、あの様な妻を持ちたいと俺は常々思っていた。

それだけにあの夫婦をもう見れなくなった事は実に残念で寂しい事である。

心から彼女の生き様に対して尊敬の念を持ち御冥福をお祈りしたい。


それはさておき・・・

某元アイドルグループの歌手が飲酒ひき逃げでワイドショーを賑わせている。

俺もつい最近車に跳ね飛ばされた。

夕方日の沈みかかった頃に横断歩道を渡ろうとしたら左折してきた車にドンである。

上手くボンネットの所に手をつきボンネットの上にジャンプして乗り上げた為に怪我はなく、
ぶつかってきた車の運転手が可愛い子ちゃんだったので「気を付けなよ。」と云って大事にはしなかった。

勿論あれが男なら今頃は病院のベッドの上で看護師さんをからかってノンビリしていた事であろう。

その点では俺を跳ね飛ばしたのが女性で少し残念でもある。

ここにいる素敵女子の皆様の中にも仕事やプライベートで運転をなさる人も多いと思うが、
俺みたいに物分かりが良い人間ばかりでは無いので充分に事故には気を付けて頂きたいものである。

飲酒運転などは言語道断

淫手運転はギリギリセーフである。

たまにはギアを入れるのを間違えて俺のを握って欲しいものである。
2018-09-16

知っているかね??

カテゴリー: 日記
さくらももこさんの追悼番組で劇場版のちびまる子ちゃんをテレビで見た。

汚れてしまった俺にはストーリーも含めその純真な内容は実に眩しい。

時代背景は昭和ド真ん中である。

今の子供があれを見て何を思うのであろうか?

あれこそ今の俺の世代が懐かしむ映像ではなかろうか?

そう云えば俺がガキの頃には日曜日のその時間帯にはサザエさんは今のままであったのだが、
ちびまる子ちゃんの代わりにムーミンとか山ネズミのロッキーチャックとか云う番組がやっていた様な気がしたのだが記憶が曖昧である。

ただ覚えているのは次の日からはまた学校でサザエさんの最後の歌が終わると、
少し寂しい気持ちになっていた事だけは鮮明に記憶の一部として覚えている。

まぁ番組の記憶によってはその人の年代もよくわかる事もある。

今に2,30代の人には

「えっ、それ何?」

そうしてそれ以上の歳に人には

「あ~あったね。」

と云う様なキーワードを持った番組もよくある。

例えば

はらたいらに1000点

これが解る人はたぶん40代以上だろう。

まぁ昔のテレビ番組を懐かしんでいる時点ですっかり年老いたという事か・・・

それにしても最近はクイズやグルメや旅行番組など似たり寄ったりの番組が実に多い。

それだけ規制も厳しく無難な番組作りをしなくてはイケないご時世になってしまっているのかな?

そう云えば昔「野生の王国」とか云う結構斬新な番組をやっていたなぁ~

あれで動物の怖さを子供ながらに勉強した記憶がある。

後は「おはよう子供ショー」とか云う番組のロバくんとガマ親分

これが解る人は確実に俺の歳の付近かな?

にゃははは~
2018-09-15

一難去ってまた一難

カテゴリー: 日記
2,30人の人が俺の日記を読んでいる。

おおよそ一分である。

一分間俺は素敵女子達の時間を独占しているのである。

そうやって考えると実に興奮するのである。

俺にコメントやメールをくれる人はごくわずかである。

俺は誰が日記を読んでいるのかもほとんど知らないのである。

俺の変態的な日記を見て何を思うのか?

興味津々でもある。


それはさておき・・・

眠たい病が回復した。

あの毎日の疲れてもいないのに強烈に眠たかったのは何だったのだろうか?

しかしである・・・

今度は所構わず興奮もしてないのに急に御機嫌ようになってしまうのである。

実に歩きにくいのである!

ゴルフクラブも振りにくいのである!

俺のは極貧なのでそれほど目立つことは無いと思うのではあるのだが、
柔らかい生地のスラックスだとトンガリ村長になってしまうのである!

睡魔の次は勃起

俺の脳味噌は制御不能に陥っているのであろうか?

一難去って股一難である。
2018-09-14

猫も杓子も

カテゴリー: 日記
パワハラ

最近はそればっかりである。

数年前にパワハラがありました。

今のご時世ではダメだと云っておきながら昔のパワハラまで持ち出し掘り返す。

こんな事をしていたらスポーツ業界に限らずパワハラ問題で溢れかえりそうである。

いついつ以降についてはパワハラです

もう、こういう線引きを決めないと収拾がつかないのではなかろうか?

パワハラと同様セクハラについてもそうだが定義もしっかりと定めないとダメではなかろうか?

これを云ったらダメ

これをしたらダメ

相手に与えた主観なんて関係なし。

ダメなものは相手がイイとイっていようがイって無かろうがダメと決めるべきである。

昔に当たり前の様に行われていた事を否とするのであればあやふやが一番ダメなのである。

ほんの百数十年前までは日本では仇討が許されていた。

仕返しで人を殺してもよいという制度があったのである。

それを

なんびとたりとも人を殺めてはいけない。

に代えた歴史がある。

これだけの騒ぎになっているのである。

もう少し革新的な法律を定めなくてはならぬ時ではなかろうか?


ただ俺的には物理的な暴力以外の昨今のパワハラなど何の問題もなし。

社会とは理不尽でありそんなものである。

とにかく全てにおいてなまぬるい方向に行き過ぎているのではなかろうか?

日本の美徳としての尊厳

尊厳無くして人も国も栄えぬ

日本人は「尊厳」という漢字に含まれる意味をもう少し理解すべきであると俺は思う。

教師にしても一段上の教壇がなくなり生徒への教育もままならず、
そんな教師をバカにして学んだ生徒が教師になり君が代も歌わない。

本当にこれでいいのであろうか?

残すべきものと変えるべきものをもう少し考えてイってもらいたいものである。


ここで素敵な誰かと知り合って愛を棲み重ねあってベッド淫するようなことがいずれ訪れるのであれば、
必ずベッド淫の前に二人揃って君が代を唄い日の丸に敬礼してからのアヘアへに準じて頂きたいものである。
2018-09-12

俺の場合はどうなんだ?

カテゴリー: 日記
「にゃん太郎くはSとMどっち?」

こんな質問をよく受けるが俺は痛い事をされるのもするのも、
高圧的な言葉遣いをするのもされるのも嫌いである。

と云う事を踏まえれば俺はノーマルと云う事であろうか?

ただ・・・

純な中の不純

凛の中の弱さ

麗の中の崩れ

などなど女性の心の奥のなかなか踏み込めない秘所部分を引き出し覗く事には興味があり興奮する。

その点ではSというか変態であると自己分析をする。

そもそも女性の場合は男の様に直接的快楽よりも脳内の精神的快楽が絶頂をたかめていくのである。

だから俺が女性を抱く場合に体を抱くと云うよりも脳内を興奮させるという事に重きを置くのである。

その為の1つの手段として羞恥を刺激して脳内をかき乱すのである。

そうして違う空間に脳味噌を誘い込み誰にも見せた事の無い姿や言動を誘導させ、

「わたしってこんなに淫乱な部分も持っていたのかしら?」

と思わせる事に全力を注ぎつつ相手の乱れてイク姿に興奮するのである。

この女性の抱き方がS的に思われるのであるならば俺はSと云う事なんだろうか?

まぁ他の人たちがどんなセックスをしているかなんて見た事も無いし興味も無いわけで、
増してや前に付き合っていた人とどんなセックスをしていたかなんて聞いた事も無いので、
俺が女性に対して変態的な抱き方をしているのか否かなんていうのは皆目見当もつかぬのである。

それほどヘンテコな事は自分自身している自覚は無いのだが、「変態!」と云われた事が無いわけでも無い。

ただ全員が全員に云われた訳でも無いので人それぞれの感性と云う事であろうか?


さて・・・

本日も眠い・・・

今週は今日も含め水・木・金と3日間連続ゴルフである。

今から眠って朝5時半には起きなくてはならぬ・・・

ゴルフの最中に眠るわけにもいかないので、この睡魔病も少しは改善されるのであろうか?

ただ少し気温が落ち着いてきてくれたのは実に有り難い事である。

それでは素敵女子の皆様、おやすみなさい・・・
2018-09-11

萎びているのである

カテゴリー: 日記
爺二人と昼飯に行った。

昨今の強烈な眠気と睡眠時間について話をしたら

「お前みたいな奴はずっと寝てた方がいいんだ。」

とか

「からだまでロクデナシになってきたな。」

などなど、、、

この爺達に聞いた俺が馬鹿であった。



それはさておき・・・

この眠気は性欲の衰えにも関係あるのであろうか?

本来の俺はもっとエロ思考であり刺激を常に求めていた筈である。

性欲が睡魔に負ける事など有り得なかったのである。

この事態を歳のせいなどにはしてはイケないのである。

俺と云えば一発である!

一発を追い求めない俺など何の魅力もないのである。

「アンタは女性に対してエロや一発しか興味が無いのか?」


そのとおりである!

それ以外に何があると云うのだ!


出来れば飯を食いながらも読書をしながらも眠りながらも一発しているのが理想なのである!

誰になんと云われようとも今の俺は大失格タマキンである!

シワシワの梅干しタマキンなどに魅力もミルクも無いのである。

艶良く張り良くキラキラと光り輝いてこそにゃん太郎印のタマキンなのである!

よーし!!

こうなったらタマキンにオリーブオイルを付けて磨いてやる!

まずはそこからだ・・・


それにしても眠たい・・・

イカン!!

この眠たいと思う気持ちが俺を堕落させタマキンを堕落させるのである。

ダメだ・・・

眠たい・・・

取り敢えず今日も眠ろう・・・

タマキンは夢の中で磨こう・・・

そう云えば最近は夢すら見ない

俺の脳は衰退してイっているのであろうか?
▼    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ...