acchan.com恋愛お見合い - 無料の婚活サイト  どなたもログインしてません  

べるの日記

日常や持論を自分の言葉で文章にしていきます。
時折画像を載せたりして、楽しみながら投稿していきます。

▼    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
2022-11-27

一週間

カテゴリー: 日常
今週は忙しかった。

前に忙しいという内容で記事を書きました。
本当に忙しい時は忙しいとは言わない。

全くもってその通りです。

今週は休みが無くて、なんだか睡眠の質が悪かったんですよね。ぐっすりと眠れないというか…。

こういう話をする相手がいるといいなと思います。
日常の会話ができてこそのコミニュケーションではないでしょうか。

忙しい?

愛する者がいれば忙しさなぞ問題ではないです。私は働きます、愛する者の為に。
単純かつ、シンプルな考え方です。
2022-11-26

ラーメン

カテゴリー: 趣味嗜好
ラーメンが好きな方は多い。

私が子供の頃は醤油、味噌、塩が主流であり、とんこつが出始めだったと思う。
九州では前からあったのかもしれないが、関東に本格的に広がったのは90年代だと思います。

ラーメンの歴史に疎いので間違っていたら申し訳ない。
今やラーメンは国民食といってもよいほど庶民に浸透しており様々なラーメンが世の中に存在しております。

記事にしておいてなんですが、私はラーメンが好きではないです。

理由はいくつかありますが、まず猫舌であること。
ですのでつけ麺や汁無しは好んで食べますが熱々のスープは苦手なのです。次にラーメンの売価が高い事です。家賃、水光熱費や手間に材料費などラーメン屋として経営する上で利益との兼ね合いが難しい食べ物だと思います。
ラーメン=1000円以下、という先入観があり、付き合い等で高価なラーメンを食べる機会はあるのですが、残念ながら1000円以上の価値があるラーメンには出会えておりません。
少々批判的な事を書いておりますが、価値は人それぞれ違うのであくまでも私の考えと味覚の話です。
ただこれだけははっきりと言えることが一つあります。

「美味しいものにはお金を出す」

ものが溢れる現代は、量販される安易なものから、手の込んだ高級なものまで、買い手のニーズにあった商品をいかにして提供するのかが大事です。
景気が悪いのは価値が無いものが流通しているだけの話で、消費者たちは価値があると思ったものには予約が殺到し大金を出します。買い占めます。並びます。

成功しているラーメン屋は、消費者に応えている、そう思います。


子供の頃にとんこつラーメンを食べた時は衝撃的でした。
細麺に濃厚なスープときくらげ。
思い出が美化されている可能性がありますが美味しかったです。

ラーメン屋には失礼ですが、コンビニのチルドラーメンにはびっくりしますよ。
コンビニの中では高価ですが、きちんと試食してつくられていると思いました。


好き勝手書いておりますが私はラーメンを注文するならそばを注文します。
2022-11-25

往復と部屋

カテゴリー: 日常
職場と家の往復ですね。
暗い時間に家を出て暗い時間に帰宅する。

嫌だねえ。

自分の時間が欲しいわけではないのです。
私は子供の頃から部屋が無くても平気でしたし、リビングで寝ることだって抵抗がないです。
とはいえ相手に同じようなことは強要しませんよ。
部屋が欲しいならどうぞ。
一人の空間が欲しいならどうぞ。

相手のことは理解したいですね。
2022-11-24

メッセージ

カテゴリー: 日常
メッセージという映画がありました。

平野に突然でっかい石みたいなのが出現する斬新なストーリーにワクワクしたのですが、途中からつまらなくなり…よく覚えていないで
す。

はじめましてメールという機能があります。
相手とコンタクトするための機能なのですが、これを乱発する方が多いようです。
ただでさえアクティブな方が少ないのにそんなことされたら不快に思ってしまいますよね。
男性からしたらとりあえず送っておこうって事なんでしょうけどさ。

私は気になる人がいますけどメッセージを送る勇気はないですね。
そのうちコンタクトがとれるといいな。
2022-11-23

後悔

カテゴリー: 思考
後悔。

誰もがすると思います。
後悔をすると何とも言えぬ気持ちになります。

私はやりきりれない気持ちになり自責の念を抱きます。よくある、あーしておけば…こうしていれば…などといった感じです。
後悔することに、未練だの、気持ちを引きずるなどがありますが全くその通りです。
生物は本能で何かにすがっていきるのが楽だと認識しております。
人もそうです。


後悔する気持ちを過去にすがって軽減しようとするのです。
つまり後悔とは一種の防衛反応なのかもしれないですね。

後悔はするけど私は前をむいて歩く人間でありたいです。
2022-11-22

夫婦

カテゴリー: 日常
夫婦とはなんぞや?

二人で一つとか、生計を共にするだとか、紙切れで繋がった関係だの言われますが、夫婦は結婚していることが前提です。
事実婚含め、夫婦とは他人と一緒に生きていくことを決めた二人、というのが私の認識です。

夫婦のことはそれぞれ事情がある。
と言われますがこれは当然であり、産まれも育ちも違う二人が一緒に生活していくのはものすごく大変です。
この大変という認識と相手に過度な期待をしないことが同居や結婚には必要であり、異性を理解する姿勢が重要なのだと私は思います。
ただ注意すべきは仕事とプライベートが混ざる系人種です。
お互いにそういう人種ならいいんでしょうが、ここがズレるとどっちかが病みます。
大人ですので多少の我慢や忍耐は必要でしょう。それにパートナーがしんどい時はフォローすればよいのです。
そのフォローもよく仕事のように対応しちゃう人が多いようですけどね…。

否定的な事ばかり書いていますが、事は単純です。

ありがとう、ごめんね。

これさえ言えればほぼ問題は起こらないでしょうし、起こっても解決できるはずです。
なかなか難しいと思っている方や、俺私は悪くと思っている方。

悪くないと思っている事が悪いんすよ?

人は素直が一番ではないでしょうか。
2022-11-21

待つか待たないか

カテゴリー: 思考
行列ができる飲食店などに並ぶのか…。

待つ事が嫌いな人は多い。
並ぶ価値があるのか。
時間を有効に使おう。

などなど。

ディズニーリゾートへ行くと基本的に待ちます。動いている時間は多いのですが、止まっている時間も多いです。スタンバイという表現がありますが止まっている事と同義ですね。

お互いを理解することが難しいのは何故か?

それは自分を主張することで相手にわかってもらえると錯覚するからではないでしょうか。

ややこしいですが単純にすると、自分の事を知ってもらおうと日記を書きます。ですがその記事に相手が興味なければ読まないでしょう。もし興味があったとして、読んだとしても必ず意気投合するわけではありません。


今回お伝えしたいことは、人の出会いとは奇跡だということです。
もし奇跡を起こせても相手と恋人になれるか、夫婦となれるか、それはわかりません。
出会えた奇跡を喜び、相手の気持ちや考え方を尊重する事が大切かと思います。
偽善者っぽいですが、相手の考えを聞いてから自分の事を話せば世界は平和友好なると思うんですがね。


あなたは待つほうですか?
待つのは嫌なほうでしょうか?


私はあなたの気持ちを尊重しますYO。
2022-11-20

寒い

カテゴリー: 日常
寒いですね。
この期間は財布の中が寒いですわ。


…失礼しました。



関東は一気に冷え込みましたね。
冷たい雨です。


今年は暖冬かと思っていましたが、さすがに11月も下旬になると寒いです。


ダウンはまだ早いけど準備しておいたほうがよさそうですね。
2022-11-19

感謝する気持ち

カテゴリー: 思考
人は一人では生きていけない。
これ、よく聞きます。

一人のほうが楽でいい。
これもよく聞きます。


思うことは…。



どっちだよ…。



私なりの答えは…どっちも正しい。
そもそもこの問題に答えなどないです。

ただひとつ言える事は、一人で生きているうちはよい、という事です。
人間はいずれ死にます。
死を回避することはできません。


人が死ぬとその周囲はめちゃくちゃ大変です。
一人で生きていけるという人は結末もちゃんと考えるべきだと思います。
もちろん死ぬために生きているわけではないです。

ここで言いたい事は、人間はどこかしらで助け合っているという事です。
そのことに感謝できるのかが、人生を楽しむコツなのかもしれませんね。
2022-11-18

夫婦の日

カテゴリー: 思考
来週の22日は良い夫婦の日。
この日に婚姻届を提出するカップルがいるなど、世間の関心があるようです。
個人的には地味な日と思っていました。

恋人から夫婦となるのが一般的ですが、お見合いなどにより、情報だけで結婚する事もあり、夫婦の事は二人にしかわかりません。

書面上だけの夫婦や、ひと昔は女性の意志とは関係なく結婚を強要され夫婦となるなど、結婚の意味が今と違ったこともあり、夫婦の形は歴史ととも変化してきたと言えるのではないでしょうか。


私は結婚と離婚を経験しておりますが、どちらにも良い印象はありません。当時の私たちには時間がなかったですし、お互いに歩み寄れなかった。最後の最後で光りが見えたのですが、全ては手遅れだったのです。

私の事は今後お付き合いしていく方にはお話します。
夫婦とはよほど特殊でなければ共同体であると思いますし、同じ屋根の下で暮らす他人です。
他人同士が仲良く暮らすのは、ものすごく大変ですし、お互いにやりたい事が多い現代社会ではどうしても自分中心となる傾向があるかと思います。
昔と違って自己主張がしやすい背景が離婚増加の答えだと私は思っています。

出会いを求める場で書く事ではないのですが、結婚はよく考えたほうがいいです。
とはいえ異性と遊び続ける人生もどうかと思いますので、話せる相手を見つけることが大切かと思います。
自分の事、将来の事、不安な事、お金の事等、この人とは話せるかも…これが夫婦の第一歩であり、結婚して離婚の危機になったときの対処法かと思います。

まあ嘘つく人も大勢いますから何とも言えないですが、私はいろいろ話せる人と夫婦になりたいと思っています。
▼    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |