acchan.com恋愛お見合い - 無料の婚活サイト  どなたもログインしてません  

あつし日記

▼    | 1 | 2 |
2018-01-14

嘘について

カテゴリー: 自分の思考
 良くPRに嘘をつかない人って書いてる人がいます。
 確かに嘘は印象が悪い言葉です。正確に言うと嘘とは抽象的な言葉であると思います。
 では、PRに書いてる人は、嘘をついてことがないのでしょうか?もし、嘘をついたことがないと言うのであれば、それこそ嘘もしくは人間(頭の中が機械)ではないと思います。
 嘘という言葉より、具体的にこんな嘘はしないでほしいと書いたほうが良いと思います。
 何故、このような事を言うのか自分の気持ちを打ち明けます。余命わずかな母親がいたとして小さな子供にあと一か月でお母さんが死んじゃうんだよって言えます?ここで嘘をつかない人は、人間の感情をもってないと思います。優しい、傷つけない、誰かを守るための嘘だってあるんです。感情的になってすいませんでした;
 この考え方がおかしかったらごめんなさい。
 以上になります。
2017-12-06

誠実な人?

カテゴリー: 自分の思考
 誠実な人について!
 先日、職場の忘年会で女性にどんなタイプの人が好きなのと尋ねました。「誠実な人が良い」と言っていました。
 「具体的に誠実って何!」と聞くと即答できませんでした (笑) 思わず笑ってしまい、即答も出来ないのに誠実な人が好きっておかしいと思いました。
 代わりに答えました。「自分が誠実な人と思ったら、それが誠実なんだよ、人によって価値観の差があるから、この考え方が誠実なんじゃない?」と言いました。
 このような感じで伝えたら、納得していました。

 女性の方は、どう思いますか?この自分の発言がおかしかったらすいません。

 以上になります。
 
  
2017-12-02

愛とは何だ?

カテゴリー: 疑問
 愛とはなんだ!について疑問に思っている事について打ち明けます。

 「愛」とは一言でいうと、とてもすばらし印象があります。
 でも、本当の愛を知る事が、今だ自分の中では解らない。自分の経験談で感じた事を話します。
 初めに苦しい愛について・・・・家庭を持っている男性に魅かれた女性の経験談を聞きました。職場で知り合った上司に恋に落ち、不倫に発展したとの事。確かにお互い愛し合っていたと彼女は言っていた。でも彼女は愛すれば愛するほど苦しいと言っていた。確かに、これをも愛だと自分も思いましたが、彼女は愛苦しさに仕事を辞めました。
これは本当の愛と言えるでしょうか?

 次に自分の経験では、昔、付き合っていた彼女に別れのサインが出た。最初は好きな人が出来たと話していましたが、申すこし話がしたと言い、実は売春をしていた事が解りました。愛していただけに心が折れました。

 愛ってなんだろ・・・苦しい思いをすること・・・・・

 愛の素晴らしさについて・・・・母親に愛を実感したのは、自分が苦しんでいる時に・・・例えば子供もの頃、風邪を引いた時に自分が寝付くまでに母親は、手を握って安心感を与えてくれた。今思えば、これは、自分に対する愛ではないかと思っています。
 次に中学時代の卓球部の顧問から受けた愛情表現(愛のむち?)を感じたのは、練習中はとても厳しくある意味、自分だけ特別に厳しい練習をさせられた事もあり、周一の3キロマラソンでは、平均より30秒遅かった時は台打ちは出来ず素振りばかりさせられ、なんで自分だけこんな目に・・・他の人は自分よりお遅くても打てるのに何故なんだろと思っていました。しかし、本試合で自分が試合に勝った時には誉めてくれる一面もありました。部を引退後、振り返れば、団体県優勝、個人では、関東大会や県年代別ランキング3位と満足の行く結果であった。
 顧問から特段厳しくされた事について尋ねたところ、マラソンでは競った試合では、精神力を高める事が重要であり勝負強くさせるためとの事であった。また、お前なら厳しくしても部を辞めない精神力を持っていたとも話してくれました。
 この時に先生の愛情を感じました。

この他にも色々ありましが、「愛」とは、良い事なのか苦しむものなのか今だよく解りません。誰か教えてくれる方いませんか?
  
 以上になります。
 





  
 
2017-11-07

人生最大の悔しさ

カテゴリー: 苦い思い出
 こんばんは、このサイトで話して良いのか、迷いましたが今まで生きてきて、とても辛い過去についてお話します。医療機関の関係者には申し訳ありませんが事実を話します。
 若いころは、救急隊をしていた事もありましたので、ある程度、患者からの情報で、病名が解る事もありました。
 
 叔母の旦那が自分の母親に電話して、叔母の状態が悪いとの事で両親が家に向かい、その数分後、母親から自分へ電話を掛けてきました。とりあえず、状態を聞いて、微熱、頭痛、吐き気との内容でした。

 時間帯が21時ごろでしたので、一般外来は終わっており、救急情報医療センターに聞いて、とりあえず近い病院の脳外科を進めました。また、病院が決まったら教えてと伝えました。職がら病院の評判については解っていたからです。

 病院が決まり、とりあえず、〇〇病院なら大丈夫かと思い、母親に必ずCTを取るように伝えました。自分は、医療用語でザーつまり脳出血の疑いがあると思ったからです。医療関係者なら普通に脳出血を疑います。

 それから、約1時間後に母親から電話があり、先生の診断は、なんと血流が悪くなって頭痛の症状が出たとの内容でしたので自分はCTを必ずするように再度母親に言い聞かせましたが結局CTを取りませんでした。
 
 両親が帰宅後、何故CTを取らなかったのか問い詰めました。そして、色々話を聞き頭痛が落ち着いたからと言っていました。また、その先生は若い先生だったと確認したところ、若い先生だと言っていました。これは、自分の経験談ですが、夜間は、アルバイトの医大学生が患者を診る事があり、状態が重いと判断した時は、近くに住んでいる先生を呼ぶ病院もありました。
 自分は、叔母の状態が良くなったから大丈夫かと安易な気持で考えてしまいました。
 しかし、その考えが大誤算でした。(;;)
 翌早朝、叔母は布団から約1メートルほど離れた場所で亡くなってしまいました。もがき苦しんだ形跡でした。当然ザーによる死因でした。その時、なんで俺が行かなかっただろーと後悔し、また、自分に対する憤りと母親にもその怒りをぶつけてしまいました。なんで、なんでCT取らなかったと。
 今となっては、処方された薬が一時的に状態が回復したと思いました。
 意識レベルが高ければ、ザーでも社会復帰出来る可能性が高い事も知っていました。
 これは、自分よがりですが、自分が病院に行っていれば助けられたと思っていました。また、先生に「この判断おかしいだろー」と間違いなく言っていました。

 本当に本当に、悔しかった。人生最大の悔しさを味わいました。涙が枯れくらいまで泣き続けました。
 
 以上になります。

 


2017-11-04

ノルマンディー上陸作戦と得た物

カテゴリー: 自分の思考
 こんにちは、今日はノルマンディー上陸作戦から得た物についてお話をします。

 1944年6月6日にノルマンディー上陸作戦が決行されたました。

 当時、フランスがドイツ軍に占領されており奪還するために行われた作戦です、また、この作戦をDデーとも呼ばれていました。

 アメリカ、イギリス、カナダ(連合軍)を主体に海岸から侵入する作戦でありました。

 当時、連合軍は、空襲による爆撃をして戦力を衰えたドイツ軍に海岸から進行しフランスを取り戻す計画でありました。

 連合軍は、この作戦に自信を持っていた。Dデーの前日は、好きなものを沢山食べお酒を飲みお祭り気分であったとの事でした。その兵士の中にはアメリカ軍の若い兵士が多かったようです。

 作戦の当日、昨夜の暴飲暴食が原因で海岸に輸送される兵士たちは、船酔いをして吐いていた者もいました。若い兵士の経験不足だったのでしょうか?

 第一陣、第二陣、第三陣と繰り返し兵士を送る作戦でありました。

 しかし、ドイツ軍の鉄壁な防御策と攻撃で海岸行くことさえ厳しい状況でありました。初日の大半の兵士は海岸にたどり着く前に戦士しました。また、海岸に着いてもどうすることも出来なく身を隠す場所もない海岸でしたので裸同然の状態でドイツ軍の銃砲で狙い撃ちされました。
 
 ここで、映画のプライベートライアンを見て海岸にたどり着いた兵士の一人が十字架のネックレスを身に着けおり十字架にキスをして突撃していきました。その時の彼の気持ちはどんな意味で十字架にキスをして突撃したのだろと思い、自分の想像では、死を覚悟して突撃したと思いました。その勇気を分けてもらうため、十字架のネックレスを買いました。
 
 自分が厳しい状況の時には、十字架を見て、その兵士を思い出し、先に進む勇気をもらうことにしました。以上になります

 

 

 

 

 

 
2017-10-29

金融ビックバンについて

カテゴリー: 思い出話
 こんばんは、金融ビックバンについて自分が知っている事を伝えます。詳しい方は、間違っていたらごめんなさい。
 バブル崩壊後、日本の経済は深刻な状況に進んでいました。

 1996年から金融ビックバンと呼ばれるようになったのは、この時でありました。
 
 当時の日経平均株価は、9千円を割ることもありました。

 山一証券をはじめ、北海道拓殖銀行、日本長期信用銀行等、大手、準大手企業が破綻しました。
 
 なぜ、破綻したしたのか、不良債権が原因です。金融機関と企業の仕組みについては企業が銀行からお金を融資してもらい企業が潰れた場合に土地等を担保にして返済することです。
 
 しかし、バブルがはじける前の土地等の値段が下がり、破綻した企業が返済できなく、銀行が負債を負うことになりました(不良債権)。また、このような状況で、他の企業にお金を融資できなく(貸し渋り)、また、企業も潰れて行きました。
 
 当時の自分は、東証一部株価を毎日のようにチェックしていました。自分の預金している銀行が潰れるかと・・・一番安定していた金融機関は不思議と静岡銀行で株価は、1000以上ありありました。また、100を割る金融機関は、ほほ絶望的な状況でありました。
 
 この負の連鎖を防ぐために、日本銀行が動きました。公的資金の導入です、ブリッチバンクとも言います。金融機関を助けるための資金です。

 しかし、金融機関に関係のない企業に反共もありました。

 何故、金融機関だけを助けるのかと・・・・確かに自分も思いました。

 でも、公的資金の導入は仕方がないと思いました。国が破たんする可能性があると思ったからです
 
 以上になります。

 

 
 
 
 


 
 


 

 







 
2017-10-28

今日の出来事

カテゴリー: 日記
 休日出勤で帰宅後、ユーチューブで約2時間歌い続けた。

 この時期に汗だくになり、あーめちゃ疲れた^^;

 カロリーどれくらい消費したのだろか・・・・w

 家で一人カラオケも楽しいもだなw

 一番歌いやすかったのは、以外にも 浜田省吾 悲しみは雪のように だった。

 ドラマ「愛という名のもとに」を連想しながら歌った。

 若い時は、色々なドラマを見て、心を揺さぶられた。

 最近では、あの時のような心をときめかせされようなドラマはやっているのだろうか?

 それでは、Good night.

2017-10-26

尾崎豊の存在

カテゴリー: 思い出話
 こんばんは、尾崎豊について自分の気持ちを打ち明けます。
 尾崎豊は、自分が高校1年生の時に、この世を去りました。尾崎豊の存在を知ったのは、中学3年生の時です。尾崎豊の魅力を感じたのは、みなさんもご存知の卒業の歌詞でした。歌う前に一言のコメントを伝えてから歌い始める時があり、そのコメントにとても魅力を感じていました。残念ながら、コンサートのチケットを買ってからすぐにこの世を去ってしまいました。
 中学生時代は問題児であり、煙草吸ったり、家出をしたり、無免許でバイクに乗ったりと派手にやらかした。そんな彼が青学に行けた事がとても信じられません。このギャップを知りさらに魅力を感じました。
 また、作詞・作曲をし若干修正もありましたが、ほとんどが彼が経験した事を作詞したものでした。
 自分は彼の歌を練習し、高校1年生の時の文化祭の打ち上げで卒業を歌いまいました。周りの人たちが驚き誉めてもらえました。素直にとても嬉しかった。
 彼の残したのもは自分にとって本当にありがたいもので、今でも自分の心の中では彼は生きています。歌を続ける限り彼は生きています。以上になります。
 
 
 
2017-10-23

日本の中世期の恋人

カテゴリー: 疑問
 こんばんは、日本の中世期の恋人の出会い方に疑問を抱いています。

 中世期の恋人達は、時間も解らなければ、地図もありません。

 どんな所、どんな時間で待ち合わせしてしてたのでしょうか?疑問に思います。

 自分の想像では、権力のあるものは、巻物等で使者を送っていたと想像もつきますが、農民等は、字も読めない人もいたし、全く見当がつきません。当然、遠距離恋愛なんて無理だと思っています。山を登り、川を泳ぎ、そんな苦労をして逢っていたのでしょうか(笑)
 もし、そんな事をしてまで、出会っていたのなら、まさに愛の力ではないでしょか(笑)
 
 知っている方、教えてください? やばい、これを書いている自分が恥ずかしく思います(笑)以上になります。失礼しました^^;


 

 

 
2017-10-22

生まれてきた者の宿命

カテゴリー: 自分の思考
 今回は、生まれてきた宿命についてお話したいと思います。
 
 人間、動物等は、生まれてきてから、戦いをする宿命があると思います。

 動物に例えると、生まれたばかりの小動物等は、肉食動物等のターゲットになります。そして、親が戦って必死に守っています。

 そして、人間も過去は、命がけの戦争をしていました。

 現在では、命をかけた戦いではなく、仕事、スポーツ等に変化し違った意味で、戦いをしていると思っています。

 戦いは避けることが出来ないと思います。

 何故、戦うのか。その根元は、愛すべきものの為、家族を守る為、生きて行く為、英雄になりたい等ではないかと思います。

 以上になります。

 

 

 

 

 
▼    | 1 | 2 |